メールマガジンをリニューアルします。

メールマガジンを
リニューアルします。

というより、サイト自体も
少しリニューアルしているのですが、
その理由は・・・

先日、プロモーションしていた、
講座の影響もあるのですが、

(「差別化して地域No.1になろう」
という講座です。)

より自身の差別化や
立ち位置を見直していくと、

ステージを明確にしたいなと
感じたしだいなのです。

そのステージとは、、、

年間20棟未満の工務店経営者、
周りとは違う強みを出したい建築士の方などへ、

集客・プロモーション支援することが、
井内もやりがいや成長を感じるし、

年間20棟未満の工務店経営者、
周りとは違う強みを出したい建築士は、

自分自身の魅力、スキルの成長が、
そのまま事業にも反映されやすいので、
良い変化も起こしやすいからです。

正直、行動しない丸投げ者は
話にならないですし、

作業レベルの話は、
自分で調べてほしいです。

そして、年間50、100棟の話は、
またステージの違う話ですからね・・・

ただ、そうやってステージを
明確に決めることによって、

ブログやメルマガでの
発信する内容も変わってきますよね。

なので、リニューアルしようと。

そのテーマは、言葉です。

自身の魅力を表現していく上では、
言葉を扱うチカラって、結構必要です。

もちろん、そのことだけに
絞った内容ではないですが、

井内の強みやウリでもある、
「コトバ」を意識していこうと
思っています。

ピンときた方もいるかもしれませんが、

言葉=コトバを、
モノからコトへの「コト」と、
場の「バ」にも掛けてるんです(笑)

なので、タイトルも、
【DAC】から【イエコトバ】に変わります。

そこで、、、

今後、より濃い内容を
お届けするために、

少しだけ教えていただきたい
情報があります。

例えば、

工務店と設計事務所では、
届ける内容が微妙に違うときがあります。

経営者と会社員でも違います。
また地域でも・・・

今は、メールアドレスだけの
取得にしていますので、

あなたの背景もわからずに
書いています。

なので、すごくすごく
手間を掛けてしまうのですが、

今後、より濃い内容を
お届けするためにも、

メルマガへの再登録を
お願いしたいのです。

TOPページに
登録フォームを設けています。

⇒ https://dtoac.com/

ぜひ、新たなメルマガで
お会いできることをお待ちしています。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。