あなたの選定基準で「良い」と思った家を丁寧に売る!

早稲田大学にほど近い商店街にある「こだわり商店」の商品に対する設定基準が良いですね。こだわり商店は、全国から本当においしいものを仕入れて販売する産地直送の食料品店です。

代表者の安井浩和さんは、リノベーションスクールで講師も務めているとのこと。

こだわり商店

こだわり商店

食と住の絡みは、今後どんどん増えていくと思いますよ。

商品のいちばんの選定基準は「僕がおいしいと思ったもの」

「こだわり商店」の商品の選定基準は、店長である安井さんが、全国40カ所を駆け巡って見つけたものや、SNSなどを通じて友人や知人が薦めてくれた商品を試食し、おいしいと思ったものです。

商品のいちばんの選定基準は“僕がおいしいと思ったもの”です。たとえば有機栽培の中にもいろいろな有機栽培があります。自然栽培にも慣行栽培にもそれぞれ言い分があって、行き着くところ、どれもみんな正しい。

だったら僕が信じたものを売ろうと。そういう店が世の中にないなら、うちがやる。だから「オーガニックですか」って聞かれたら「いや、違います。おいしいっていうことを軸にしています」と伝えています。

この設定基準は、住宅業界でも建材に言えること

この設定基準は、住宅業界でも建材に言えることですよね。自身の哲学で「良い」と思ったものを選ぶことは大事ですし、その選定基準をお客さんに言えることも大事です。

「利益率が良いので」「建材店が薦めるんで」・・・なんてこと、施主に言えますか?選定基準を言えると、信頼関係も築きやすくなります。

価値を感じてもらうために丁寧に売ろう

安井さんの”丁寧に売る”エピソードは良いですね。皇室献上米にも選ばれた最高級のお米が送られたことを、その後どう売るかというお話。

自身が店頭で売っていた安売りのお米と食べ比べ、「これはこういうお米なんです」って丁寧にお客さんに話をして、店でも食べ比べをしてもらうという、丁寧な売り方をしていきます。

こういう丁寧な売り方は良いですね。前述の選定基準と合わせて、『あなたの選定基準で「良い」と思った家を丁寧に売る』ことが求められますよ。

あなたの選定基準で「良い」と思った家を丁寧に売る!

同じ商品なら、価格の安さに目が行きますしね。でも、あなたが本当に良いと思っているもの丁寧に売れば、価格以外に価値を感じるお客さんが集まります。

客商売であり、ビジネスである以上、良い家を建てるだけでなく、利益を考えなければいけないのも当然ですが、数字のことばかり考えてたら、不思議とクソつまんない家ができるんですよね。

まずは「何が売れる」より、『あなたの選定基準で「良い」と思った家を丁寧に売る』ことを意識してほしいですね。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。