VR住宅でより本物を体験したくなる人が増加!?

バーチャルリアリティ(VR)が少しづつ浸透してきていて、住宅業界でもいち早く取り入れている会社も出てきましたね。住宅系のCAD自体がマンネリ化していましたから、いい刺激なんだと思います(笑)

VRを使えば、住宅を検討する方に、計画中のプランを視覚化して、わかりやすく提案することもできますし、家づくりをビジュアルを通じて、楽しんでもらうこともできますからね。他には、CADと連動して、目の前でプラン変更したものがすぐビジュアル化されたり、連動して見積もりも出てくる効率化もありますね。

また、モデルハウスほどの広いスペースも必要としませんし、データさえあれば、複数のVR住宅を持つことも実現可能ですね。

vr

ただし、VRは絶対ではない。

個人的には、使おうが使うまいが、どっちでもいいと思っています。そもそも住宅系のCGが安っぽいんですよね。いい加減、進化してほしいですよ(笑)

ただ、VRの影響もあって、より本物を体験したい気持ちが強くなると思います。住宅に限らず、疑似体験はあくまで擬似なので、人間の欲は次を求めますからね(笑)本物を体験したくなるんですよ。

最終的には中身ってことです。VRはあくまでツールです。五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を刺激する本物には勝てないですよ。

頭の中にカタチを描けない人が増えている

ビジュアル訴求の技術がどんどん進化してきている反面、頭の中にカタチを描けない人が増えているのも事実です。

  • 図面を見てもイメージできない
  • CGを見てもイメージできない
  • 模型を見てもイメージできない
  • モデルハウスを見てもイメージできない・・・

ひどいのは、実際に自分の家が建っても、自分たちが暮らすイメージができないというケースもありますからね。

しかたない傾向です。設計士でも、CGを起こしてからでないと、パースが描けない人は増えていますしね・・・

頭の中にカタチを描けるようサポートするか、描けなくても大丈夫なよう信頼させるか、やり方はそれぞれです。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。