提案する家に「住む」以外の必要性を生み出せるか?

アメリカの元株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 – 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を原作とした映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、いいですよ。むちゃくちゃなストーリーで、かなりイカれてますが、一度は観てほしいですね。

the-wolf-of-wall-street

「オレにこのペンを売ってみろ」

話の中で、「オレにこのペンを売ってみろ」というセリフがあるんですが、相手のセールス力を試す方法として、世界中で面接時に使われているテクニックらしいです。

「オレにこのペンを売ってみろ」 これは映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオ演じる元株式仲介人のジョーダン・ベルフォートのセリフです。劇中でベルフォードはポケットからペンを取り出し、あるトップセールスマンのセールス能力を試そうとして、このセリフを口にしました。

映画の中で、レオナルド・ディカプリオ演じる元株式仲介人のジョーダン・ベルフォートが、セールスを教えるときに、1本のペンを渡してこう言います。

「オレにこのペンを売ってみろ」

渡された人は、「このペンは素晴らしくて・・・」「このペンの機能は・・・」という感じで売り込もうとします。ですが、デキるセールスマンはこう言います。

「このナプキンに名前を書いてくれないか?」

つまり、「ペンを手に入れなくてはならない」という必要性を作り出すわけです。

もちろん、あくまでの映画のストーリーですが、「必要性を作り出す」ということは、販売したり提案しているビジネスに、役立つヒントなのです。

お客さんは商品やサービスを買うわけではない。

例えば、時計にしても、「時間を知るための道具」としてなら、安物でも、スマホの時計でも機能に問題ないわけですからいいわけです。でも、世の中には、高級腕時計を買う人がいます。

もはや買っているのは、「時間を知るための道具」以外の何かですよね。見栄かもしれませんし、自信やステータスかもしれません。つまり、お客さんとしては、見栄を張らなきゃいけない状況なのかもしれませんし、自信やステータスを身につける必要がある状況なのかもしれません。車だって走る以外の何かですし、家も住む以外の何かですよ。

「以外の何か」とは、ベネフィット(お客さん自身のメリット)やワクワク感ということです。つまり、感情が動く何かです。

この必要性を作り出せるか、出せないかが、鍵を握っています。提案する家に「住む」以外の必要性を作り出していきましょう。

映画本編はYoutubeレンタルでもご覧いただけます。

エグいセールスの手法を学びたいなら、原作を読んでみてください。

ウォール街の狼が明かす ヤバすぎる成功法則

ウォール街の狼が明かす ヤバすぎる成功法則

  • 作者:ジョーダン・ベルフォート
  • 出版社:フォレスト出版
  • 発売日: 2015-02-07

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。