人は感情論や場の雰囲気に流されやすい。

人は「感情論や場の雰囲気に流されやすい」と言われています。

なぜなら、選択を迫られた時、根拠や論理性よりも、個人の主観(感情や経験)に基づいて判断しやすいため、自分に都合のいい情報を選んでしまう傾向があります。逆に、都合の悪い情報は無視しまうこともあります。

自分に都合のいい情報だけを選ぶことによって、自分の選択を、より確かなものに固めていくのです。人はそうした行動を、良い方向へ向かっていると感じるため、気持ちよく感じるらしいです。

場の雰囲気に流されやすいことがわかる実験

また、自己保身から、場の雰囲気に流されやすい傾向もあります。周りから変だと思われたくないという感情ですね。下記の動画をご覧頂くと、人がいかに場の雰囲気に流されやすいかがわかりますよ。

最初に実験の対象になっているのは、紫色のパーカーを着た女性です。他の人にはブザー音が鳴ったら立ち上がるように指示してあり、音が鳴ると次々に立ち上がります。その様子を見て、この女性はどうするのか?その後、彼女だけになった時どうするのか?後から新しい人が来た時、どうするのか?その新しい人は、どうするのか?

非常に面白い実験です。全編英語ですが、内容はわかります。ぜひご覧ください。

プライベートでは客観性を高めようとしない。

ビジネス視点なら、客観性を高めるために、あえて自分の仮説と「逆」のことを考えみて、説得力や反論の備えにしていきますが、プライベートなことでそこまでする人はあまりいないですよね。

専門用語では、「確証バイアス」とも言われ、人は自分が好きなもの・信じていること・慣れ親しんでいる価値観(世界観)などが固定観念となり、見たいものだけを見て、聞きたいものだけを聞く、という状況を作り出してしまうのです。

この状況は無意識に起こっていますので、客観性は意識しない限り身に付きません。

だからこそ、良い情報や案内を伝える必要があるのです。

自分に都合のいい情報だけを選ぶことから、自分をワクワクさせてくれたり、より良い気分にさせてくれる人、楽しそうな未来を見せてくれる、より楽観的にさせてくれる、そんな情報に対して反応します。

今の時代、「家(モノ)」を他社よりも論理的に語り説得して売れますか?これらは、信頼関係の構築に必要なテクニックでもありますよ。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。