新婚生活の「あるある!」に家づくりのヒントが隠されている!?

東海地区6箇所に挙式会場を展開するmaryellの、今年春に放送されたCM「#結婚はじめました」シリーズが面白いです。

2016年4月18日(月)より愛知・岐阜・三重地区にて放映されていたようで、結婚した2人の何気ない日常生活に見え隠れする様々な感情や本音などの、新婚生活の「あるある!」という瞬間を切り取った内容になっています。全編、コミュニケーションサイト「みんなの結婚観」でご覧いただけますよ。

住宅関係絡みそうなものをピックアップ

全部で30あるようですが、その中で住宅関係絡みそうなものをピックアップしてみました。

バスタオルは何回使ったら洗う?

相手が作っていてくれた夕食が、昼食と同じメニューだったらどうする?

相手のどんな匂いが好き?

パンツのたたみ方にこだわりはある?

相手が全然起きない時はどうする?

相手のおしゃべりへの対応は?

玄関の戸締りはどうしてる?

スリッパは履く派?履かない派?

洗い物はどっちがする?

小さいほうでも座ってする?(してほしい?)

洗濯の頻度、匂いの好み、収納のやり方、睡眠の取り方、夫婦の団欒の仕方、セキュリティ、スリッパの有無、食洗機の有無とか、そういった細かな価値観って、家づくりにも通ずるところはありますよね。

まぁ、全部一致するなんてありえないですから、どっちかが我慢すればいいんでしょうが(笑)

でも、せっかく家を建てるなら、我慢ではなく、思いやれば良いんですよね。その思いやる気付きを、家づくりのプロセス(過程)の中で得られるといいですよね。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。