ゴールデンタイムで『直下率』

先日、TBSで放送されていた池上彰さんの番組「池上彰のニュース2016総決算!今そこにある7つの危機を考える!ニッポンが危ないで、熊本地震のことにも触れていました。

耐震基準の変遷(へんせん)を説明し、旧耐震基準から新耐震基準になり、その後、2度の改定により、今に至っていることを説明します。

ゴールデンタイムで『直下率』

「強化新耐震基準」という言葉は初耳ですが、(そんな言葉、業界内でも使われてないのでは?)以下の基準を満たした内容のことを指します。現在、家を建てる際に満たしている基準と説明します。

ゴールデンタイムで『直下率』

ですが、熊本地震では、耐震基準を満たしていたにも関わらず、益城町の木造住宅の被害がこれだけあったと説明します。

ゴールデンタイムで『直下率』

これまでの常識が通用しないということで、”熊本地震”でわかった新事実として、『直下率』を取り上げます。

ゴールデンタイムで『直下率』

直下率とは1階と2階の柱や壁が同じ位置にある割合のことと説明し、直下率が高い建物と低い建物の比較をします。

ゴールデンタイムで『直下率』 ゴールデンタイムで『直下率』

そして、模型を使い、揺らしてみて、直下率の高い模型と低い模型の壊れやすさを比較します。

ゴールデンタイムで『直下率』

直下率の低い建物は見事に壊れ、

ゴールデンタイムで『直下率』

「直下率が高いと耐震性能が高い。」「直下率は柱50%、壁60%以上が望ましい。」というまとめで締めます。

まぁ、直下率だけが倒壊の原因ではないでしょうが、テレビ的にそうした方がわかりやすく煽りやすいってことを前提で捉えたほうがいいかと・・・

構造の専門家の「当たり前」を、業界の「当たり前」に

祝日のゴールデンタイムに「直下率」という言葉が出てきたのには、驚きましたね。直下率は、構造を勉強すれば、大事なのは一目瞭然なのですが、建築基準法や住宅性能表示制度にも規定がないので、重視されなかった部分ですね。直下率も細かいことを挙げれば、壁の直下率は、間仕切り壁の直下率以上に、耐力壁の直下率を重視したほうがいいでしょう。

直下率を意識したら、シンプルで整った建物になりやすいと思うのですが、打ち合わせで建主の要望をいわれるがままに詰め込む営業マンとか、憧れだけで奇抜さを求める建築士とか、いまだにいますからね。CADが進化して、診断してくれるようになっていますが、価格も高額ですから、持っていないところの方が多いのも事実。

地震に関しては解明できないことも多々あるでしょうが、対策としては今のところ、「耐える(耐震)」「抑える(制震)」「免れる(免震)」しかないので、地震大国だからこそ、構造の専門家の「当たり前」を、業界の「当たり前」にしたいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


【期間限定】初心者にお勧めの集客方法をプレゼント

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

地方の真面目な事業主が、集客と販売を成功させるための“王道で初歩的で初心者向けの方法”を、期間限定で無料プレゼントします!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、初心者に最も簡単で、効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。