ゴールデンタイムで『直下率』

先日、TBSで放送されていた池上彰さんの番組「池上彰のニュース2016総決算!今そこにある7つの危機を考える!ニッポンが危ないで、熊本地震のことにも触れていました。

耐震基準の変遷(へんせん)を説明し、旧耐震基準から新耐震基準になり、その後、2度の改定により、今に至っていることを説明します。

tyokkaritu-0

「強化新耐震基準」という言葉は初耳ですが、(そんな言葉、業界内でも使われてないのでは?)以下の基準を満たした内容のことを指します。現在、家を建てる際に満たしている基準と説明します。

tyokkaritu-1

ですが、熊本地震では、耐震基準を満たしていたにも関わらず、益城町の木造住宅の被害がこれだけあったと説明します。

tyokkaritu-2

これまでの常識が通用しないということで、”熊本地震”でわかった新事実として、『直下率』を取り上げます。

tyokkaritu-3

直下率とは1階と2階の柱や壁が同じ位置にある割合のことと説明し、直下率が高い建物と低い建物の比較をします。

tyokkaritu-4 tyokkaritu-5

そして、模型を使い、揺らしてみて、直下率の高い模型と低い模型の壊れやすさを比較します。

tyokkaritu-6

直下率の低い建物は見事に壊れ、

tyokkaritu-7

「直下率が高いと耐震性能が高い。」「直下率は柱50%、壁60%以上が望ましい。」というまとめで締めます。

まぁ、直下率だけが倒壊の原因ではないでしょうが、テレビ的にそうした方がわかりやすく煽りやすいってことを前提で捉えたほうがいいかと・・・

キャプチャしてない人は、上記の画像をどうぞご自由にお使いください。ただし、著作権的には黒だと思うので(笑)、引用元(TBS?)を明記して、自己責任でお願いします。

構造の専門家の「当たり前」を、業界の「当たり前」に

祝日のゴールデンタイムに「直下率」という言葉が出てきたのには、驚きましたね。直下率は、構造を勉強すれば、大事なのは一目瞭然なのですが、建築基準法や住宅性能表示制度にも規定がないので、重視されなかった部分ですね。直下率も細かいことを挙げれば、壁の直下率は、間仕切り壁の直下率以上に、耐力壁の直下率を重視すべきでしょう。

直下率を意識したら、シンプルで整った建物になりやすいと思うのですが、打ち合わせで建主の要望をいわれるがままに詰め込む営業マンとか、憧れだけで奇抜さを求める建築士とか、いまだにいますからね。CADが進化して、診断してくれるようになっていますが、価格も高額ですから、持っていないところの方が多いのも事実。

地震に関しては解明できないことも多々あるでしょうが、対策としては今のところ、「耐える(耐震)」「抑える(制震)」「免れる(免震)」しかないので、地震大国だからこそ、構造の専門家の「当たり前」を、業界の「当たり前」にしたいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。※現在、お休み中ですが、特別な案内があればお送りしています。
メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。