『世帯の年間収入マップ』を使って、世帯収入でターゲットを絞り込む!

自社が商圏としている地域で、どのくらいの年収の世帯がどの程度いるのかを知りたくありませんか?やはり、家は高額ですから、年収のバランスを知っておきたいところです。例えば、商圏地域の何%くらいが、300万円未満の世帯か?年収500万円以上の世帯か?700万円以上の世帯か?・・・

これらのデータを手軽に調べることができるのが、こちらのサイトです。

『世帯の年間収入マップ』を使って、世帯収入でターゲットを絞り込む!

世帯の年間収入マップ

データソースは、平成25年住宅・土地統計調査と書いているので、総務省統計局のデータが元になっているようです。このデータを元にした、地域の「300万円未満」「300万円〜500万円」「500万円〜700万円」「700万円〜1000万円」「1000万円以上」の世帯の割合を見ることが出来ます。

例えば、注文住宅を建てる一番のボリュームゾーンであろう「年収500万円~700万円・10%以上の地域」で検索すると、

『世帯の年間収入マップ』を使って、世帯収入でターゲットを絞り込む!

年収500万円~700万円・10%を超える地域

といった具合に、ほとんど該当地域になりますね。

その世帯数の何%があなたの求める数でしょうか?世帯数には、すでに建てている世帯や建てる気のない世帯も含まれていますが、その辺を考慮しても、多分かなり低い%になるはずです。

つまり、皆に届けようとせず、そのわずかな%に向けて届けるぐらい、鋭く具体的な内容の方が響きやすいですよ。

工務店・リフォーム店向け/17種類の見込み客獲得アイデア

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも見込み客を獲得でき、集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。