『世帯の年間収入マップ』を使って、世帯収入でターゲットを絞り込む!

自社が商圏としている地域で、どのくらいの年収の世帯がどの程度いるのかを知りたくありませんか?やはり、家は高額ですから、年収のバランスを知っておきたいところです。例えば、商圏地域の何%くらいが、300万円未満の世帯か?年収500万円以上の世帯か?700万円以上の世帯か?・・・

これらのデータを手軽に調べることができるのが、こちらのサイトです。

世帯の年間収入マップ

世帯の年間収入マップ

データソースは、平成25年住宅・土地統計調査と書いているので、総務省統計局のデータが元になっているようです。このデータを元にした、地域の「300万円未満」「300万円〜500万円」「500万円〜700万円」「700万円〜1000万円」「1000万円以上」の世帯の割合を見ることが出来ます。

例えば、注文住宅を建てる一番のボリュームゾーンであろう「年収500万円~700万円・10%以上の地域」で検索すると、

mimancity-2

年収500万円~700万円・10%を超える地域

といった具合に、ほとんど該当地域になりますね。

その世帯数の何%があなたの求める数でしょうか?世帯数には、すでに建てている世帯や建てる気のない世帯も含まれていますが、その辺を考慮しても、多分かなり低い%になるはずです。

つまり、皆に届けようとせず、そのわずかな%に向けて届けるぐらい、鋭く具体的な内容の方が響きやすいですよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。