電子ペーパー壁紙の可能性が近づいてきた!

今年の9月に銀座で開催されていた展覧会「eBoutique2020」での目玉が、腕時計「FES WATCH U」。電子ペーパーの技術を使い、ボタン一つで文字盤とバンドの柄を変えられるという優れた時計です。

デザイナーの作品だけでなく、自分で撮った写真にも変えられるので、その日その日の状況や気分に合わせて、一つの時計で様々なデザインを楽しむことができます。

上記の時計を開発しているFES(Fashion Entertainments)が、2014年時に、電子ペーパーの壁紙にチャレンジしています。実際に色が変わっていますよ。

以前もスニーカーで電子ペーパーのことを取り上げましたが、この技術は壁紙にも使えますので、実際に壁紙ほどの広い面積が安価に使用できだしたら、面白いでしょうね。

電子ペーパーの技術が、住宅の壁紙や間仕切りに使えそう!

2015.12.30

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。