よく知らない人が、どこにでもあるような家を建てることには、何の魅力もない。

毒舌タイトルから始まっていますが(笑)まずは下記のデータをご覧ください。

飲食店の出店開業支援サイト「飲食店.COM」が、2015年に調査した、閉店した飲食店の業態と営業年数を調査内容が興味深いです。

結果を見る限り、開店しやすい業態は閉店しやすく、開店しにくい業態は閉店しにくいようです。

よく知らない人が、どこにでもあるような家を建てることには、何の魅力もない。

閉店が多い業態

長続きしやすいのは寿司、フランス料理など開店障壁がある業態とのこと。調理にそれなりに専門技術が必要となる業態や、鉄板焼き・お好み焼きなど、設備投資コストが掛かる業態は、開店障壁があるようですね。

目指すは専門店!

飲食業界にしたって、住宅業界にしたって、店の数が多くなるとその分、競合店が増えます。数が増えて同じようなことをしていたら、それは「価値」として感じられなくなり、「当たり前」になりますからね。

だからこそ、小さな会社や組織・個人ほど、競合に似ない「独自性」って大事です。つまり、独自性を活かした専門店になるってことです。

よく知らない人が、どこにでもあるような家を建てることには、何の魅力もないわけですから、あなた自身のことをよく知ってもらい、他にはない家づくりにしていかないと、お客さんを引き寄せる魅力にはならないですよね。

よく知らない人が、どこにでもあるような家を建てることには、何の魅力もない。

専門店?コンビニ?二極化する家づくり

2015年3月22日

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。