余暇に時間を割けられない年収800万円~1000万円世帯に求められる家とは?

家を建てるには、ある程度の収入が必要ですが、「年収800万~1000万円」の世帯は、「趣味・レジャー」「恋愛・結婚」「健康」の満足度が低いようです。

日本人は今、どれくらい幸せなのか。PGF生命が20~70代の男女2000人にアンケートした結果が興味深い。

世帯年収別の分野別満足度を聞くと、「仕事・職業」「マネー(貯蓄)」は年収が上がるに比例して満足度も高まるが、妙なのは「趣味・レジャー」「恋愛・結婚」「健康」の3項目について。なぜか「年収800万~1000万円」だけカクンと下がってしまうのだ。

記事の中では、税優遇や控除・手当など、お金の面も挙げられています。さらに、「年収800万~1000万円」の家庭に多いのは、多忙な中間管理職なので、趣味やレジャーなどの余暇にあまり時間を割けられない、そして、子育て真っ盛りの家庭も多く、夫婦水入らずを楽しむ機会も少ないという見解のようですね。

自営や経営者なら、時間の融通はききやすいでしょうが、中間管理職サラリーマンはブラック労働が大半ですからね・・・

家計の負担を考えると、家を建てない気持ちも強いかもしれませんが、仮に家を建てるなら、趣味やレジャーなどの余暇にあまり時間を割けられない分、家の中で楽しめることが求められそうですね。

余暇に時間を割けられない年収800万円~1000万円世帯に求められる家とは?

住んでからの幸福度を高めるには、家づくりに『体験=経験』を加える!

2016年3月11日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


【期間限定】初心者にお勧めの集客方法をプレゼント

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

地方の真面目な事業主が、集客と販売を成功させるための“王道で初歩的で初心者向けの方法”を、期間限定で無料プレゼントします!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、初心者に最も簡単で、効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。