余暇に時間を割けられない年収800万円~1000万円世帯に求められる家とは?

家を建てるには、ある程度の収入が必要ですが、「年収800万~1000万円」の世帯は、「趣味・レジャー」「恋愛・結婚」「健康」の満足度が低いようです。

日本人は今、どれくらい幸せなのか。PGF生命が20~70代の男女2000人にアンケートした結果が興味深い。

世帯年収別の分野別満足度を聞くと、「仕事・職業」「マネー(貯蓄)」は年収が上がるに比例して満足度も高まるが、妙なのは「趣味・レジャー」「恋愛・結婚」「健康」の3項目について。なぜか「年収800万~1000万円」だけカクンと下がってしまうのだ。

記事の中では、税優遇や控除・手当など、お金の面も挙げられています。さらに、「年収800万~1000万円」の家庭に多いのは、多忙な中間管理職なので、趣味やレジャーなどの余暇にあまり時間を割けられない、そして、子育て真っ盛りの家庭も多く、夫婦水入らずを楽しむ機会も少ないという見解のようですね。

自営や経営者なら、時間の融通はききやすいでしょうが、中間管理職サラリーマンはブラック労働が大半ですからね・・・

家計の負担を考えると、家を建てない気持ちも強いかもしれませんが、仮に家を建てるなら、趣味やレジャーなどの余暇にあまり時間を割けられない分、家の中で楽しめることが求められそうですね。

住んでからの幸福度を高めるには、家づくりに『体験=経験』を加える!

2016.03.11

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。