2017年の家づくりは、リビ充=多機能化!?

リクルートが、「2017年のトレンド予測」の住まいのトレンドキーワードとして、「リビ充家族」をキーワードに挙げています。

「リビ充家族」とは、リビングを最大に広げて多用途に使い、空間は共有しながらも各々が充実した時間を過ごす、ということを表す言葉のようです。

リビングを最大に広げて多用途に使い、空間は共有しながらも各々が充実した時間を過ごす「リビ充家族」が増えてきている。今年の調査によると、「リビングの広さ」を「妥協したくない・確保したい」と思っている家族は7割近く存在する。それに対して、「主寝室の広さ」にこだわる家族はわずか2割と、間取りにおいては「リビングMAX化、個室min化」が進んでいる。

住宅領域における2017年予測

リビ充家族

「リビ充」でいいんでないでしょうか。「家族」が付くと、ちょっとダサいですね(笑)

リビ充の背景には、リビングの役割が「テレビ中心のくつろぐ場」から、仕事・勉強・遊びなど「家族それぞれの時間を過ごす多機能空間」へ変化していることが挙げられています。「個室min化」とあるように、予算内で余分に個室をつくれないため、空間を共有する傾向が段々と強くなってきているんですよね。

さらに、元々「個室はあるものだ」という先入観から、「なくても、こうすればいい」という建築家などの専門家の提案で、空間を共有して使うことに気付いたりして、空間の多機能化が少しづつ浸透してきた結果でしょうか。

ただ、下記のような後付パーツは、まだまだ一般的ではないですよね・・・こういうの好きなんですけど、個人的な予測だと、大勢には受け入れられず、流行らないと思っています。DIY以下の流行り具合かなと・・・面倒くさいし、なくても困らないですからね。

リビ充を支援する後付パーツ

キッチン・ダイニング・リビングにとらわれすぎる住宅業界

初めて住宅業界に足を踏み入れた時、不思議だったのが、

  • キッチンは料理するところ
  • ダイニングは食べるところ
  • リビングは団らんの場所

という固定概念でした。役割で考えたら、食べるところが団らんの場所でもいいわけですし、料理するところで食べてもいいわけです。空間の共有、つまり、脱LDKの発想ですね。

間取りをLDKで考えると、「何帖なければいけない」と思い込んでしまうため、家は大きくなりやすいんですよね。そして、見積もりの構造上、大きさが予算に比例します。でも、予算的な問題から、家を大きくすることって厳しいんですよね。

だからこそ、35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案力って必要だと思いますよ。それには、設計力の他に、多機能化も求められますよ。1つのモノで複数の機能がまかなえると、コンパクトな空間になりやすいですからね。

35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案をできるかどうか?

2016.02.08

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。