プランニングの訓練『妄想プラン』『空想プラン』

昔、メルマガで、『妄想プラン』という話を書いたことがあります。2014年4月26日のメルマガですね。

『妄想プラン』とは?

2014.04.26

妄想プランを一言で言えば、漫画のキャラクターのプランのつくってみるってことです。

例えば、

「もし、クレヨンしんちゃんの野原家が、引っ越して●●県で新居を建てたなら・・・」
「もし、新婚ののび太くんとしずかちゃんが、●●県に新居を建てたなら・・・」
「もし、磯野家からフグ田家が核家族となり、●●県に新築を建てたなら・・・」

と、将来を妄想して考えるプランです。もちろん、販売したり、イラストを使ったりするのは、著作権違反になりますので、勝手にイメージしました程度で(笑)

最近、似たようなことを行っているサイトを見つけました。

空想レジデンス物語

空想の登場人物たちの家を、本気でプランニングしてみるということで、童話・妖怪・空想世界の家を設計してみたという内容です。第1弾で「桃太郎の家」が公開されています。

プランニングは、与えられた条件の中で、可能性を見出すための作業だと思っていますので、プランを考える人の引き出しにも影響してきます。その引き出しは、質ある数をこなしているほど、いい引き出しを持てるようになります。実践の数を増やせるにこしたことはないですが、妄想でも空想でも具体的なラフプランを描くことも、引き出しを増やす良い訓練になるのでは?

あなたにプランニングの自信があるなら、ターゲット客が好きなマンガのキャラクターをイメージした妄想プランをつくって、公開してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。