自由を追求したら、家は必要なくなっていた。映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

「自由を追求したら、家は必要なくなっていた。」というキャッチコピーが印象的な映画、『ホームレス ニューヨークと寝た男』が1月28日より公開されます。昨年から密かに話題になっていて、注目していた映画です。

52歳のファッションモデル兼フォトグラファーの男性を取材したドキュメンタリー映画なのですが、彼はニューヨークで6年近くホームレス生活を送るというその様子に、3年にわたって密着した内容になっています。

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

モデルの撮影をし、かっこよくスーツを着こなしているかと思いきや、古いビルの屋上で寝ていたり、トイレで髪やシャツを洗っていたり、家を持たない、いわゆるホームレスという手段を選んだライフスタイルに釘付けですよ。

例えば、トイレでスーツに着替えたり、

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

雑居ビルの屋上で寝泊まりしていたり、

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

トイレ?で髪を洗い、シャツを洗ったり、

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

コインロッカーが収納場所になっていたり、

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

ガラスを鏡代わりにして、髭を剃ったり、

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

予告編をご覧ください。

先日紹介しました、津端夫妻とは間逆なライフスタイルですね。家を持たず、独り身でプレイボーイですし(笑)

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

『家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。』だけど、『本音で暮らさない限り、宝石のように輝きはしない!』

2017年1月9日

だけど、共通しているのは、「本音で暮らしている」ことだと思いますよ。

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。