映画『恋妻家宮本』から学ぶ”住む夫婦”をイメージさせる家のつくり方

2017年1月28日公開予定の映画『恋妻家宮本』が、熟年家族がテーマになっていて、面白そうです。主演は、阿部寛さんと天海祐希さん。原作者は重松清さんです。

主人公の宮本陽平(阿部寛)は、息子が結婚し、25年ぶりに夫婦2人っきりの生活を送ることになった中学校教師。そんなある夜、彼は妻の美代子(天海祐希)が隠し持つ「離婚届」を見つけてしまいます。妻に問いただす勇気もなく、突然熟年離婚の危機に立たされた宮本洋平は人生について悩み、葛藤しながらも教え子や教師仲間と関わる中で家族の在り方について再認識していくのです。そして妻と新たな一歩を踏み出していく、というストーリーです。

そんな宮本夫妻が暮らす中古住宅が紹介されています。宮本夫妻が暮らす家は、結婚した当初、陽平が頑張って買った建売物件という設定で、壊れかけても修復しながら寄り添う雰囲気を持った少し古い家ですよ。

宮本夫妻をイメージした家の中の作り込み方も、非常に面白いです。内容的に夫婦のやり取りが話の展開にも関わってきますし、舞台となる「家」は、宮本夫妻を象徴するようなイメージが大事ですよね。原作がどこまで家の中を表現しているかはわかりませんが、映像にするとひとつひとつのモノが映し出されますからね。すごく気を使う部分ですよ。

家の中は1階と2階に分けてセットをつくったとのこと。この手の映画は意外と舞台となる家の作り込み方が面白かったりするんですよね。

例えば、「そろそろリフォームを考えている家」という設定から、ちょっと剥がれかけた壁紙や、応急処置されたぐらついた階段の手すりなども表現されているとのこと。

その他には、リビングやダイニングキッチンは、妻の美代子が自力で少しづつリフォームした設定にしているようで、全体的に“チープさ”と“ちぐはぐさ”で、年月の経過を表していたりします。

さらには、興味のあるものにいろいろ手を出しては飽きてしまう美代子の性格から、

  • 昔はやっていたけど今はほったらかしに近いガーデニング。
  • 通販で買って飾ってみたけどそのままにしている絵皿や健康器具など。
  • 電化製品などは結婚当時のものをずっと使っている。

というセットの作り込みをしているようです。

”モノの経過”は、住まい手をイメージさせてくれますね。モデルハウスの中身もこれぐらいの作り込みしたら、住むイメージがしやすいんじゃないんでしょうか?

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】基礎となる経営のシンプルな法則を知り、土台となる商品やサービスの質を高めませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。