映画『恋妻家宮本』から学ぶ”住む夫婦”をイメージさせる家のつくり方

2017年1月28日公開予定の映画『恋妻家宮本』が、熟年家族がテーマになっていて、面白そうです。主演は、阿部寛さんと天海祐希さん。原作者は重松清さんです。

主人公の宮本陽平(阿部寛)は、息子が結婚し、25年ぶりに夫婦2人っきりの生活を送ることになった中学校教師。そんなある夜、彼は妻の美代子(天海祐希)が隠し持つ「離婚届」を見つけてしまいます。妻に問いただす勇気もなく、突然熟年離婚の危機に立たされた宮本洋平は人生について悩み、葛藤しながらも教え子や教師仲間と関わる中で家族の在り方について再認識していくのです。そして妻と新たな一歩を踏み出していく、というストーリーです。

そんな宮本夫妻が暮らす中古住宅が紹介されています。宮本夫妻が暮らす家は、結婚した当初、陽平が頑張って買った建売物件という設定で、壊れかけても修復しながら寄り添う雰囲気を持った少し古い家ですよ。

宮本夫妻をイメージした家の中の作り込み方も、非常に面白いです。内容的に夫婦のやり取りが話の展開にも関わってきますし、舞台となる「家」は、宮本夫妻を象徴するようなイメージが大事ですよね。原作がどこまで家の中を表現しているかはわかりませんが、映像にするとひとつひとつのモノが映し出されますからね。すごく気を使う部分ですよ。

家の中は1階と2階に分けてセットをつくったとのこと。この手の映画は意外と舞台となる家の作り込み方が面白かったりするんですよね。

例えば、「そろそろリフォームを考えている家」という設定から、ちょっと剥がれかけた壁紙や、応急処置されたぐらついた階段の手すりなども表現されているとのこと。

その他には、リビングやダイニングキッチンは、妻の美代子が自力で少しづつリフォームした設定にしているようで、全体的に“チープさ”と“ちぐはぐさ”で、年月の経過を表していたりします。

さらには、興味のあるものにいろいろ手を出しては飽きてしまう美代子の性格から、

  • 昔はやっていたけど今はほったらかしに近いガーデニング。
  • 通販で買って飾ってみたけどそのままにしている絵皿や健康器具など。
  • 電化製品などは結婚当時のものをずっと使っている。

というセットの作り込みをしているようです。

”モノの経過”は、住まい手をイメージさせてくれますね。モデルハウスの中身もこれぐらいの作り込みしたら、住むイメージがしやすいんじゃないんでしょうか?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。