「家は広いほうが良い」という先入観をぶち壊そう!

まだまだ「家は広いほうが良い」という先入観がありますが、家にそこまでお金を掛けない人たちも増えてきていますので、小さな家や狭い家といったコンパクトな家を求める方も増えてきていますよね。

でも、小さな家や狭い家で暮らすには、家を上手く使えないと難しいんです。多分、「小さな家」として大半の方が住める広さは、30坪未満~20後半ぐらいの広さな気がしますが、普通の家の様にモノ視点で進んでいっても、住み手側もつくり手側も間違いなく失敗します。

また、つくり手側が「小さな家での暮らしや使い方」を、まだまだ提案できてない現実もあります。だから現時点だと、自分たちで小さな家での暮らしや使い方を見つけていってる、意識の高い住まい手の影響が強いです。だから、話題になるのは極端な小ささの方が多いんですよね。

『あえて選んだせまい家』

こちらの本で紹介されている施主も、60㎡(18.15坪)を下回る狭さなので、まだ極端な部類に入る気がしますね。でも、施主のこの感覚は良いヒントになりますよ。

家は、それぞれの家族に合った広さがありますから、「家は広いほうが良い」という先入観をぶち壊すべきですよ。

35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案をできるかどうか?

2016.02.08

『あえて選んだせまい家』(加藤郷子著/ワニブックス)

ダヴィンチでも紹介されています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。