「家は広いほうが良い」という先入観をぶち壊そう!

まだまだ「家は広いほうが良い」という先入観がありますが、家にそこまでお金を掛けない人たちも増えてきていますので、小さな家や狭い家といったコンパクトな家を求める方も増えてきていますよね。

でも、小さな家や狭い家で暮らすには、家を上手く使えないと難しいんです。多分、「小さな家」として大半の方が住める広さは、30坪未満~20後半ぐらいの広さな気がしますが、普通の家の様にモノ視点で進んでいっても、住み手側もつくり手側も間違いなく失敗します。

また、つくり手側が「小さな家での暮らしや使い方」を、まだまだ提案できてない現実もあります。だから現時点だと、自分たちで小さな家での暮らしや使い方を見つけていってる、意識の高い住まい手の影響が強いです。だから、話題になるのは極端な小ささの方が多いんですよね。

『あえて選んだせまい家』

こちらの本で紹介されている施主も、60㎡(18.15坪)を下回る狭さなので、まだ極端な部類に入る気がしますね。でも、施主のこの感覚は良いヒントになりますよ。

家は、それぞれの家族に合った広さがありますから、「家は広いほうが良い」という先入観をぶち壊すべきですよ。

「家は広いほうが良い」という先入観をぶち壊そう!

35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案をできるかどうか?

2016年2月8日
「家は広いほうが良い」という先入観をぶち壊そう!

『あえて選んだせまい家』(加藤郷子著/ワニブックス)

ダヴィンチでも紹介されています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


【期間限定】初心者にお勧めの集客方法をプレゼント

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

地方の真面目な事業主が、集客と販売を成功させるための“王道で初歩的で初心者向けの方法”を、期間限定で無料プレゼントします!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、初心者に最も簡単で、効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。