感情で判断してはいけない

会社員時代からも
含めての経験ですが、

感情で判断すると
たいてい失敗します・・・

例えば、共感できるので
応援したいからといって、
サービスであれこれやってしまうと、

それが当たり前と捉えられてしまって、
サービスを終えた普通の状態では
不満が投げかけられます・・・

そして、ぶつかります(笑)

そこで、ダメになるケースもあれば、
理解していただいて、
再スタートするケースもあります。

元をただせば、感情で判断した
自分が悪いんですが(笑)

そんな時、気分転換に読んだ
マーケティングの本で、
改めて気付いたことがあります。

「リスト」とか「リード」とか
「コンバージョン」とか、

マーケティング用語って、
感情がないんですよね(笑)

日本語で訳しても、
なんとなく冷たいんです。

やはり、経営的なことって、
最終的には数字で判断しますから、

感情のない客観的な判断が
求められるんだろうな、

だから、「リスト」という言葉で
表すんだろうなと感じましたね。

でも、数字に関しては、

小さな会社や組織・個人ほど、
お金のことでなくても、
目を背けたがります。

例えば、、、

ホームページを
リニューアルしたのに
資料請求がない。

ブログを始めた・・・
アクセス数が伸びない。

メルマガを始めた・・・
登録が少ない。

当たり前のことですが、
小さく始めると、
数が少なくなるのは当然です。

でもその結果、その数字の小ささに
目を背けたくなるんですよね・・・

そもそも数字すら
出してない場合もありますよ。

改善のキッカケは
そこにあるにも関わらず・・・

アクセス数が少ないなら、
増やす必要があるし、

アクセス数多くても、
反応がないなら、
反応率を上げることが必要です。

さぁ、数字と向き合ってみましょう。

もちろん、
目に見えない価値もありますが、

それは数字という土台の上に
存在している気がしますよ。

https://dtoac.com/blog/20170222/29141


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。