住宅ブログに漫画のコマを埋め込めるサービス「マンガルー」を活用しよう!

漫画のコマを切り取り、「WEBサイト」「ブログ」「SNS」で使える無料ウェブサービス「マンガルー」がすごくいいですね。マンガルー!の運営会社側で、漫画家や出版社と契約しているため、利用者はルールに沿えば、好きなコマを使うことができるサービスです。

マンガルー

利用には、メールアドレスを登録し、利用サイトなどの必要事項を記入し、登録します。簡単な審査があるようですが、1日もしない内に、「アカウント発行完了のお知らせ」メールが来ました。

使い方も簡単で、マンガを選んで、コマを選んで、切り取って、埋め込むだけです。自分でマンガを選んでコマをつくることもできますし、すでにある共有されたコマを利用することもできます。

マンガを選んで、コマを選んで、

切り取って、埋め込むだけです。

あくまでも利用許諾を得ているだけなので、著作権フリーではないです。なので、画をいじったり、セリフを変えたりするのはダメですね。そもそも埋め込み型なので、変えようがないのですが。

マンガの種類はまだまだ少ないのですが、「アカギ」「カイジ」などの福本伸行さんのマンガがあるので、個人的には重宝しそうです。ただ、コマ数で言えば、結構な数があるので、ブログの記事に関連した内容のコマも、見つかりそうですよ。検索機能も備わっているので、適したマンガのコマも簡単に見つけられます。

使い方は簡単なので、すぐに活用できると思います。注文住宅は、30代30歳前後となるとマンガ世代ですからね。試しにブログなどに利用してみてはいかがでしょうか。ただし、マンガが好きでない人には向かないですね(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

工務店経営者の方はメルマガを読んでみてください。
メルマガだけの工務店経営者向けのコンテンツ(お金の話が中心)を定期的に配信する他、
セミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。

登録・購読は無料です。メルマガは「@dtoac.com」より配信されます。迷惑メールフィルタをお使いの方は、こちらのドメイン許可をお願いします。


アンケートにお答えいただいた方に特別コンテンツを公開

10年経っても変わってない工務店経営者にしかできない行動があることをご存知でしょうか?

この行動をすれば、

●受注しやすくなります。
●自社の存在価値を高めることができます。
●広告宣伝費を抑えることはできます。
●お金のムダ使いがなくなります。
●お金が回る健全な経営になります。

この先、扱うツールや手法は変わっても、行動の本質は変わりませんので、知っておいて損はありません。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。