臭いによる悪影響と匂いによる付加価値

掃除サービスのプレスリリースで、書かれていたデータが目に留まったので取り上げます。臭いが子どもの集中力を10%も低下させるようですよ。

■ニオイが子どもの集中力に与える影響について
杏林大学 名誉教授 古賀 良彦先生とP&Gが共同研究として、「家庭におけるニオイが子どもの集中力に及ぼす影響」について検証。ニオイが集中力の指標となる脳波を10.8%も低下させたという実験結果が2016年12月に発表されました。また、集中力テストやアンケートの実施により、ニオイが統計的に有意にテストのスコアを下げ、子どもの心理に悪影響を与えることも分かりました。これにより、脳科学的および心理学的方法により不快臭が子どもの集中力を低下させることが世界で初めて実証されました。

臭いによる悪影響と匂いによる付加価値

ニオイが子どもの集中力に及ぼす影響

家庭のリビングのニオイ発生源

家庭のリビングのニオイ発生源の1位は、カーテン。最近では、リビングとキッチンがオープンに繋がっていることも多いですから、調理や食事の生活臭も付着してますよね。

また、子どもの勉強が子ども部屋から、リビングなどの共有スペースに移りつつありますから、臭いの影響を受けるようですね。

臭いによる悪影響と匂いによる付加価値

家庭のリビングのニオイ発生源

上記は子どものデータですが、においによる人体への影響は、大人でも少なからずあります。なので、臭いはダメですけど、匂いの訴求は、可能性があると思いますよ。ただ、匂いの訴求は体験させるしか、今のところ術がないです・・・

臭いによる悪影響と匂いによる付加価値

住宅で見落とされがちな”暮らしの香り”という嗅覚への訴求

2015年4月14日


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。