臭いによる悪影響と匂いによる付加価値

掃除サービスのプレスリリースで、書かれていたデータが目に留まったので取り上げます。臭いが子どもの集中力を10%も低下させるようですよ。

■ニオイが子どもの集中力に与える影響について
杏林大学 名誉教授 古賀 良彦先生とP&Gが共同研究として、「家庭におけるニオイが子どもの集中力に及ぼす影響」について検証。ニオイが集中力の指標となる脳波を10.8%も低下させたという実験結果が2016年12月に発表されました。また、集中力テストやアンケートの実施により、ニオイが統計的に有意にテストのスコアを下げ、子どもの心理に悪影響を与えることも分かりました。これにより、脳科学的および心理学的方法により不快臭が子どもの集中力を低下させることが世界で初めて実証されました。

ニオイが子どもの集中力に及ぼす影響

家庭のリビングのニオイ発生源

家庭のリビングのニオイ発生源の1位は、カーテン。最近では、リビングとキッチンがオープンに繋がっていることも多いですから、調理や食事の生活臭も付着してますよね。

また、子どもの勉強が子ども部屋から、リビングなどの共有スペースに移りつつありますから、臭いの影響を受けるようですね。

家庭のリビングのニオイ発生源

上記は子どものデータですが、においによる人体への影響は、大人でも少なからずあります。なので、臭いはダメですけど、匂いの訴求は、可能性があると思いますよ。ただ、匂いの訴求は体験させるしか、今のところ術がないです・・・

住宅で見落とされがちな”暮らしの香り”という嗅覚への訴求

2015.04.14

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。