ストーリーを伝えて、世界観へ共感させよう!

先日、「世界VS日本 オモシロCM全部見せます!」というテレビ番組で、日本含めた世界各国のCMが特集されていました。

ランキング形式で紹介されていて、1位は東京ガスのCMでしたね。

東京ガスCM 「家族の絆 やめてよ」篇

相変わらず東京ガスは、「料理は家族をつなぐ絆であってほしい。そしてそのお手伝いを東京ガスはします。」というコンセプトの元、感情を揺さぶるストーリーを上手く取り入れてきます。このシリーズ、好きな方多いですよね。

ガスの機能とか性能なんて、ひとつも語っていませんので、ガスを売ってるというより、家族をつなぐ絆を売っているという感覚です。だから、ガスを使った料理シーンが、ストーリーの中に盛り込まれていますよね。

実際、お客さんは商品自体を買うのではなく、得られる効果や結果、体験を買っているので、ガス自体の機能とか性能なんてカタログに掲載されているので十分でしょう。

アドフェスト2016グランプリにも選ばれたLEDのCM

その他には、住宅関連で目に留まったのは、LEDの日本のCM。

これまでの日本のCMの感じではなく、アジアっぽい感じがしますね。

ストーリーによる世界観への共感

カンヌライオンズ チェアマン曰く、

「日本のCMは、日本の市場のために作られ、日本の作品だとすぐにわかる。世界のCMの中にはどこで作られたのかわからない作品もあるが、日本のCMには文化が染み込んでいて、伝わります。」

とのこと。

どこに独自の文化を感じるのかは、いろいろあると思いますが、少なくとも商品やタレントではないと思います。ただ商品を映す、ただタレントを映すだけでは、世界観ってなかなか伝わらないんですよね。

きっとそれは、「ストーリー」であると、10年も前のこのCMを見ていつも思います。このCMは、2007年にカンヌ国際広告祭で金獅子賞を受賞したCMなのですが、今だにこのCMは好きです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。