イベントに”違い”を加えて、興味を惹きつけよう!

2017年4月8日(土)~6月25日(日)の間、東京の汐留ミュージアムにて、「日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―」という企画展が開催されます。

イベントに”違い”を加えて、興味を惹きつけよう! イベントに”違い”を加えて、興味を惹きつけよう! イベントに”違い”を加えて、興味を惹きつけよう!

展覧会のみどころとして、「有名✕フランス人」という違いを加えていますね。有名人が中心になると、一般の人より同業者が集まりやすいとは思いますが。

1.世界的レベルの日本の現代住宅を紹介する建築展

本展で紹介する、日本ならではの住まい作りの伝統や自然観をユニークで斬新な造形のなかに実現し、施主の理想と融合している建築家たちの住宅は、世界的に見てもトップレベルの作品です。世界と肩を並べて活躍している建築家、またその予備軍といえる巨匠候補の建築家たちと出会える展覧会です。

2.日本大好きフランス人写真家と建築家たちによるキュレーション

近年、住宅建築を紹介する展覧会に注目が集まっています。そのなかでも本展は日本通のフランス人による複眼的でマルチカルチュラルな視点によるキュレーションが、他展と一線を画する特徴です。フランス人が、日本の住宅建築の楽しみ方を提案してくれます。

知名度もお金もそこまで掛けられないならどうする?

展覧会は、見学会以外で、集客しやすいイベント企画でもあります。ただ、展覧会と言っても、よほどお金を掛けない限り、写真パネルや模型などの展示が標準的です。

上記の様に、有名どころを使えば、集客に苦戦することはないかもしれませんが、ごく普通の地域の工務店や設計事務所には無理な話です。名前で集客できるほどの知名度もないわけですし・・・

知名度もお金もそこまで掛けられない場合、魅力を増すためには、企画が大事です。ターゲットが興味を持ちそうなテーマを加えると良いですよね。上記のイベントの場合、「フランス人からの視点」を取り入れています。

知名度もお金もそこまで掛けられないからこそ、ただ写真や模型を飾るだけにとどまらず、ターゲットが興味を持ちそうなテーマを中心としたワクワクできる体験をつくってみてはいかがでしょうか?

イベントに”違い”を加えて、興味を惹きつけよう!

家の中でどうやって遊ぶかを考えたら、集客に結びつきそう。

2015年8月1日

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。