住宅業界ではノウハウ型の支援は限界が来ている!?

この4月からいろいろと変えているのですが、その一つに「ノウハウ公開をやめた」ことです。もちろん全く公開しないというわけではありません。過去の記事はそのままにしていますし、今後、一部はnoteで有料配信しています。

では今後、このサイトでは何を配信していくのか?

その前に、ここに至るまでの流れを説明します。

独立当時、見込み客がまったくいませんでした。会社員時代に付き合いのあった工務店に近寄ってみましたが、やはり距離を置かれます(笑)無名でお金もない中、一から見込み客を集めていくには、ノウハウの公開が効果的でした。当時は、工務店を支援するコンサル系の会社は、ホームページはあれど、寂れている感が満載でした。それらとの違いをどう出していくか?それがノウハウの公開でした。

「読者が欲しいと思っているコンテンツは何だろう?」と考え、すぐに役に立つノウハウなどの「短期的な結果」に繋がるものメインに情報発信し、レポートを用意したり、サイトのタイトルも「住宅業界のインターネット成功戦略」なんてネーミングを考え使ってきました。そして、その施策のおかげで、メルマガの会員数は増えていきました。

ですが、ある日気付くと、メルマガ会員の半数近くが、同業者や異業種コンサル、WEB制作会社だったのです。また、無料のコンテンツだから登録しておこうという方もいたと思います。だから、お金を投資してくださる優良な見込客はごくごく限られてたのです。

また、これまでノウハウに関しては、最先端なことよりも普遍的なことをお届けしてきたつもりです。つまり、3年近く同じようなことしか発信していないのです(笑)では、このブログをこっそり読み続けている人の何人が成果につながっていますでしょうか?多分0でしょう。なぜなら、無料で得るものには価値を感じないため、行動に移すまでたどり着かないからです。

さらに、とある工務店をサポートした時のことです。そこの工務店の家づくりはレベルが低く、好きにはなれなかったので、私自身が想う家づくりを提案しました。ですが、受け入れてもらえませんでした。ノウハウを取り入れ一時的には伸びたものの、元々の家づくりのレベルが低かったため、その後案の定、その工務店は潰れました。

これらの経験から、もうノウハウ型の支援は限界が来ていると感じました。

ノウハウ主導で、顧客を教育するという考え方自体が古くなってきています。だからといって、「この商品を売ればいい」「この建材を売ればいい」ということをしたいわけではありません。

「顧客のニーズに応える」ということは、ビジネスにおいては基礎中の基礎です。ですが、顕在的なニーズを満たす商品やサービスというのは、すでに市場にあふれていて、同業者や関連業者などがたくさんいるんですよね。これは「家づくり」でも同じことが言えます。

そういう状況下の中で、顧客のニーズに応えようとするだけでは、選ばれなくなってきています。実際、家づくりでもニーズに応えただけでは、選ばれませんよね?

これからは「何を誰と建てるか?」つまり、あなたの家づくりに対する世界観でお客さんを魅了する必要があるのです。あなたの世界観が魅力的だと、ライバルと比べて、価格が高くても、設計力で負けていても、技術力で負けていても、あなたの世界観に惹かれ、集まる人は必ずいます。

もちろん、家づくりの技術などは、これからも変わらず大事ですから、磨き続ける必要はあります。そして、集客ノウハウやマーケティングも最低限のスキルは必要です。世界観ができていると、集客ノウハウやマーケティングも最低限のスキルで十分なんですよ。

これからの家づくりの「差別化」は、あなたの世界観こそがその原動力になっていきます。なので、今後このブログやSNS、メルマガでは、私自身の家づくりに対する世界観を発信していこうと考えています。共感できる方はぜひフォローをください。

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めましょう!

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。