なぜ、「世界観のある家づくりを始めよう!」と呼びかけるのか?

「世界観のある家づくりを始めよう!」と呼びかける、その理由として、ひとつはこちら。ノウハウ型の支援は限界が来ていると感じたからです。

なぜ、「世界観のある家づくりを始めよう!」と呼びかけるのか?

住宅業界ではノウハウ型の支援は限界が来ている!?

2017年4月27日

そして、もうひとつは、心楽コンサルティングの出口さんと長期講座を開催したことがキッカケでもあります。

その講座では、自社の価値を高めるために、ポジショニング(差別化)やビジョンやミッションを見つけていくことを中心に取り組んでいただくというものです。ポジショニングにより差別化していき、ビジョンやミッションを明確にしていく・・・このステップは、独自の世界を、つくりあげていくためにとても必要なことなのです。

そして、「見込み客を集める」ということは、その世界に招待するということでもあります。

世界、、、「世界観のある家づくり」というのは、雰囲気などの感性に響く感覚的なことが強いので、なんだかスピリチュアルな言葉ですよね(笑)

ビジョンをビジュアル化していくイメージとして捉えていただいてもいいです。もう少し掘り下げるなら、価値観や哲学、人間的要素などを具現化したものです。

また、違う言葉で表すなら、「ブランド」でしょう。ただ、ブランドという言葉を使うと、ロゴだ、屋号だ、みたいな手法に目がいきがちなので、あえて「世界」という言葉を使うようにしています。「世界」という言葉の方が熱量を感じますしね。

以前、「芸能界はポジショニングの塊」という記事を書きましたが、売れてる芸能人の世界観は強烈です。その人にしか作り出せないものがあります。だから、ファンも多くなります。

なぜ、「世界観のある家づくりを始めよう!」と呼びかけるのか?

「代わりはいない」という存在感は必要だけど、代わりはいなくても成り立つという現実もある。

2017年3月1日

今の時代、商品の中身以上に「誰から買うか」の方が、重視されるようになっています。家も同じです。モノの品質がある一定のレベルを満たしているからこそ、これからは「何を誰と建てるか?」を意識し、「自分が何者でなのか?」「家に対してどんな考えを持っているのか?」というのことを、読者にしっかりと伝えて行く必要があります。

世界があると集客は楽はなります。信頼関係も無理に築こうとする必要もありませんし、無理に売り込む必要もなくなります。でも、「世界観のある家づくり」は、まだまだ少ないです。だから、「世界観のある家づくりを始めよう!」と呼びかけているのです。

工務店・リフォーム店向け/17種類の見込み客獲得アイデア

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも見込み客を獲得でき、集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。