住宅ニュースをピックアップ【2017年5月1日号】

この記事の目次

【1】平成29年度・住宅の買い時感、一般消費者の52.8%・FPの67.2%が「買い時」、住宅金融支援機構調べ

注文住宅の場合、金利が高いか低いかはキッカケのひとつかもしれませんが、決め手にはならないですよね。一番大きいのは、理想とする土地と出会えるか、このタイミングによりますよ。金利が低くても、いい土地に出会わなければ、建てるイメージがわかないと行動しないし、いい土地に出会えれば、他の人が手を付ける前に購入しなければいけないという気持ちに急かされます。

【2】気軽に間取りを着替える部屋の中の“小屋”。

家の中に自分だけの空間がほしい時に、小さなスペースは活用しやすいです。1帖だとちょっと狭いです。2帖だとちょうど狭い。3帖だと高さも使えるので、贅沢にアレンジができます。子どもの個室なんて3帖で十分なのでは?

【3】家が「写真だらけ」の子が幸せに近づく理由

「子どもが輝いている姿を写真に撮って、それをプリントアウトして目につく所に張っておく」DIYが絡まないと難しいかもしれませんが、いっしょに家づくりに励んでいる様子なんて良いのでは?

【4】不動産屋の枠をこえて、まちづくりへ。「omusubi不動産」殿塚建吾さんに聞く、顔の見える人との暮らしのつくり方

高く売るにはどうするかよりも、暮らしを豊かにするにはどうすればいいのかという視点を持つと、やることがどんどん変わってきますよね。何をするにしてもイベントごとは場所のチカラを大きいので、不動産屋の意識次第で、出来上がるものは大きく異なりますね。

【5】洗濯機に入れるだけで、ペットの抜け毛を絡め取る便利アイテム

「ペットと暮らす家」は実際にペットと暮らしていないと、細かいところまで気付かないです。雑貨類まで含めて「ペットと暮らす家」を徹底して追求をしているところはほとんどないので、狙い所かも!?

【6】THEグローバル社のグループ会社、カーサ桜上水のマンション敷地に戸建住宅を建てた件で裁判沙汰に

消費者が求めてないのに、建売は建てられますからね。注文住宅と建売は本質的に違いますから、注文住宅も戸建てとしてまとめて扱われると嫌です。買うと隣のマンション住人から逆恨みされそうな建売に住んで豊かに暮らせるとは思えません。

【7】年齢を重ねても仲の良い夫婦でいるために「Date Night」という習慣

「仲良し夫婦=良い家・良い住まい・豊かな暮らし」という定義って成立しそうな気もします。家が高級とか広いとか最新とかでなくて、魅力的な意味で。

【8】多額ローン払い手に入れたマイホーム、厄介な負の財産化…売却できず毎年多額の費用負担

割りと高物件でも、すぐ売れないんですよね。不動産屋の営業に頼らざるをえないのと、すぐ売れないと「物件の状態が悪い」と営業からケチつけてきます(笑)

【9】ベランダ/バルコニー利用に関する意識調査2017

コミュニケーションは家の中だけにとどまりませんね。「ベランダ/バルコニー」は通常外部扱いになりますが、家の中にいても外を感じれる空間があると贅沢ですよ。

【10】イケア・ジャパン 「IKEAオンラインストア」を開始

オープン当初から待ってました。IKEAの醍醐味って、カゴを押してグルグル回りながら、商品を選んでいく体験も価値だし、周っている間に、IKEAワールドに引き込まれちゃうんですよね。 例えば、IKEAへの買い物に付き添って、 家具やインテリアを提案するというのもいいですよ。

【11】住宅特集 | 資産価値を保ち続ける住宅へ変革する日本の住まい事情 – 日経ビジネスオンラインSpecial

思うところがあったので、ブログ記事を書きました。

注文住宅は将来売るために建ててるわけではない。

2017.04.28

【12】黒川紀章や安藤忠雄ら日本を代表する建築家56組による戦後の「日本の家 」が一堂に

奇抜さが正しいわけでもなく、平凡さが正しいわけでもありません。家の在り方は、建築家よりも住み手によるところが大きいと思っています。

【13】CLASSY HOUSE NEW BRAND MOVIE 「ふたりの月夜」

FB広告で目に留まったマンションの動画CMです。ストーリーが多くの人の共感を生んでいます。

【14】DIYでオフグリッド、どこからはじめたらいい? オフグリッド初心者から「すごすぎて参考にならない」レベルまで4軒の家を詳しくレポート

暮らしという中身に目を向けたら、絶対的に正解な家はないわけです。だからこそ「何に暮らしの喜びを感じるのか?」は、注文住宅において外せない項目ですね。

【15】キッチンツールの収納に使える。強い磁力を持つマグネットアイテム

可変性を考えたら、磁石の可能性って非常にありますよね。取り外しができて、移動もできる、シンプルでスッキリしやすいということを考えたら、間仕切りなどにも応用が効きますね。

【16】工業系レセップ

工業系デザインが好きな人は、一定層いますからね。工業系デザインの商品も既製品には違いないのですが、その雰囲気から独自性を感じやすいためか、ちょっと取り入れるだけでも雰囲気がガラッとかわります。

【17】賃貸住宅、これだけのメリット…住宅ローン地獄も無縁、移動自由で設備修繕はタダ

合理的に考えたら、賃貸住宅。「それでも建てたい」というその合理さを超える感情の動きが必要ですね。わざわざ建てなければいけない理由とは?

【18】少し古いクルマをリノベして一生モノに!

好きだからこそ、自分も関わりたくなる。自分も関わるから、満足度が高くなる。家のことが好きな人を増やし、家づくりにかかわらせることが、「今後の家づくり」を支える基盤になっていってほしいです。

【19】DIYでリゾート空間に!究極の「ベランダ」の楽しみ方

「ベランダ/バルコニー」の充実さが、豊かな暮らしを築くための要素にもなるわけですから、家だけの提案でとどめているのは非常にもったいないです。

【20】消費者が物を選ぶとき「色」はとても重要:研究結果

床材の木の色も保守的と言えば保守的!?家は全部保守的な色になりやすいので、だから写真写りも似たり寄ったりになりやすい。取り替えがききやすいものに、アクセントが効く色を使うと、空間として引き締まった雰囲気が出やすいのでは?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。