写真を目立たせる加工方法を試してみました。

写真をそのままのクオリティで使えるにこしたことはないのですが、写真を目立たせる加工方法として、彩度を落として渋く見せたり、コントラストを高めてクールに魅せるなど、いろいろとあります。

最近は、HDR(Hign Dynamic Range)が普及してきたので、通常の写真よりくっきりとした絵画の様な感じの写真が簡単にできるようになってきています。

HDR写真例

HDR写真の雰囲気は好きなんですが、クールさや渋さのクセが強いんですよね(笑)ただ、HDR自体の加工効果は素晴らしいので、その設定等をアレンジすると、結構使えます。

提案している家の雰囲気にも関連するでしょうが、最近、彩度を高める写真にハマっていますので、下記のような雰囲気の写真をテスト的につくったりしています。

雰囲気は、若干アニメ寄りな感じがしますが、空の青色や、木などの茶色、壁の白色は、映えますね。(ちょっと彩度が強すぎたかも・・・)

とりあえず忘備録として、フォトショップの設定数値を記載しておきます。

色調補正 → HDRトーン

  • 半径:80px前後
  • 強さ:0.7前後
  • ガンマ:0.3前後
  • 露出光:1.5前後
  • ディテール:30%前後
  • シャドウ:-100%
  • ハイライト:100%
  • 自然な彩度:15~80%
  • 彩度:10~20%

フィルタ → ぼかし(表面)

  • 半径:10~25pixel
  • レベル:10~25

輪郭がぼける場合

  • レイヤーを複製する
  • 複製したレイヤーに、「表現手法 → 輪郭検出」
  • 乗算で透明度20~40%でかぶせる

数値をいろいろと試してみましたが、元画像の質にもかなり影響を受けますね。微調整は必要です。全体的に明るい写真が向いてますが、人物には適してなかったです。

コツがつかめたら、スマホのアプリでもやってみようかと・・・

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。※現在、お休み中ですが、特別な案内があればお送りしています。
メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?