脱LDKとは?

『脱LDK』という言葉をご存知でしょうか?

脱LDKとは、間取りを考える時に家族構成に合わせて何LDKにするという、近年の注文住宅ではスタンダードになってしまった間取りをやめ、LDKにとらわれない開放的な間取りを指します。

細かく挙げるなら、Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食事室)、Kはキッチン(台所)の意味で、居間と食事室と台所が一体となった空間をLDKと言います。

なので、『脱LDK』とは、リビングだからこの役割、ダイニングだからこの役割、キッチンだからこの役割という、従来の固定概念から生まれる役割に沿って、空間を使うのではないことを指します。限定した使い方ではないということですね。

または、部屋そのものを可変性の高い空間にすることも『脱LDK』だったりします。例えば、一つの子ども部屋をゆくゆく真ん中で仕切って、兄弟で使用できるような空間にしておくとか。

つまり、住み手が自分の道具のように使いこなせるなら決まりはない、間取りにとらわれない『画一的な発想にとどまらない空間の使い方』ということですね。

まだまだ浸透してない脱LDK

『脱LDK』という言葉は、私も10年ほど前から耳にしてましたし、使ってもいました。脱LDKの言葉の起源はわかりませんが、ハウスメーカーや工務店ではなく、多分建築家だと思います。

だからなのか、この脱LDKという考え方は、今では「建築家との家づくり」では標準的な考え方になっているのではないでしょうか。オープンな空間で、中を自由にコーディネートする感覚は、建築家の設計では鉄板になっています。工務店でも設計にチカラを入れているところは、脱LDKの間取りを取り入れてたりします。

ですが、まだまだ浸透していないんですよね・・・2013年に独立した時、もう当たり前だと思ってたのですが、今改めて振り返ると意外とまだまだでした。ただオープンな空間というだけの家もよく見かけますから、レベルの程度まで含めたらもっとです。

「住まいも環境」と捉えたら、限りある広さを、家族の人数に合わせて区切るのは、やっぱりおかしいんです。従来の間取りの考え方だと、30坪前後のコンパクトで小さな家でも狭さを感じさせてしまい、成り立たないんですよね。何部屋ではなくて、空間で考える必要があるのです。

また、家族も成長し、その在り方が変化するわけですから、その変化に合わせられる可変性が高い間取りにする必要があるのです。

「商品」「一生の買い物」「LDK」という歪んだ概念

いつからそうなったのかはわかりませんが、私が住宅業界に携わるようになった頃には、家はつくり手にとっては「商品」、住まい手にとって「一生の買い物」という概念の元、「完成された家=住宅」ということで販売されていました。

これは今でも続いています。そこの共通言語としても、LDKの概念がありますよね。LDKの数字が大きいと、良い家みたいな・・・

これ、おかしくないですか?

LDKの数字が家の良し悪しを決めるのがおかしいのはもちろんのこと、家は売るものでも、買うものでもないと思っています。もちろん、建てるものでも、つくるものでもありません。

もっと根本的なところを考えていくと、家は、「暮らすチカラ」を養う場所だと捉えています。家族とともに成長し、変化していく中で、暮らすチカラを付けていく、というものであるはずです。

モノが不足していた時代の家づくりでは、家を手に入れることが幸せだったし、それによって豊かな暮らしが手に入るという道筋があったことでしょう。

でも今の現実は、それでめでたしにはなりません。家を手に入れた後も、生活はずっと続きます。家はあくまでも暮らしの一部で、家を手に入れたからといって、幸せの追求がそこで終わることはありませんよね。

それをうやむやにして、家を手に入れることが、幸せや豊かさをもたらすかのように宣伝する住宅ビジネスはどこか間違っていると思っています。というか、そういう考えが業界の廃れる原因なのではないでしょうか。

様付けを止めて、さん付けで呼ぶ

また、これも歪んだ概念の一つですが、つくり手は住まい手の家を「○○様邸」などと呼ぶのは、何故なのでしょうか?「○○さんち」と呼ぶのはダメですか?それが一番自然だと思いますよ。つくり手と住まい手はいつもフラットな関係であるべきです。

でも、従来型の家づくりでは、つくり手と住まい手がフラットに付き合うのは難しいのです。

なぜなら、「商品」と「一生の買い物」という付き合い方だからです。表向きには「お金を出す人の言うことが絶対」としていて「様」付け呼ぶのですが、裏ではあーでもないこーでもないと思っているわけです。だから、嫌々ながらでも責任上、メンテナンスや保証でつながろうとしてしまうのです。

ですが、「家って何?」からいっしょに考えると、その両者の間には、利害や立場を超えた繋がりが生まれます。

「家とは何か?」から考える。

「家って何?家は何のために必要なの?」という根本的な問いかけをひも解くことからはじめると、家づくりはもっと一般向けに興味深くなると感じています。

そして、暮らしを見つめなおす機会や場を、つくり手と住まい手が一緒になって作りあげることで、本当に大事なのは、家のデザインや性能ではなく、「住まい手の人生そのもの」だとお互い気付くのです。

衰退していく注文住宅だからこそ、「その家に住むに値する暮らしをしたい」と思わせるぐらいの価値であってほしいのです。

ここまで書いてきたことは、私自身も体験し、そう感じてきたからこそ、もう小手先の集客ノウハウに興味がなくなってきたんですよね。脱LDKをベースに考えていくと、いろいろな課題が解決すると感じています。また、家そのものを在り方から変えていくことの方が、自分には合っている気がするので(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?