【感想】高学歴大工集団 Kindle版

業界では有名な会社・平成建設の秋元久雄社長の著書『高学歴大工集団』をKindleで読みました。ちなみに、今なら、5月22日現在、Kindle Unlimitedだと0円です。

高学歴大工集団 Kindle版

大工は超エリートだ! IQの高い若者こそ大工になれ!不況真っ只中にある建設業界で一人気を吐く建設会社がある。『カンブリア宮殿』でも話題になった平成建設だ。建築の全工程を外注せず、完全内製化している平成建設は業界の異端児と呼ばれているが、東大をはじめとする一流大学・大学院生が大工になりたいと入社を希望してくるのだ。このままでいくと日本に大工はいなくなる。日本建築のすばらしさを世界に、そして後世に伝えていくために会社をつくったという秋元久雄が、大工育成だけでなく、「部長は部下の選挙で決める」「社員が社長を査定する」など、不況をものともしない驚異の組織力のすべてを書き尽くした。

出版自体は、2009年の8月なので古いです。昔、紙本でも読んだことがあったので、電子書籍での再読でした。

内容は、社長自身が実践してきたことをベースに書いていますので、ちょっぴり自画自賛な部分も感じてしまうのですが、古き良きを重んじ、大工や職人が一番みたいな内容なので、ものづくり系の人たちには受けの良いことばかり書いています。

直感的な感想を書くと、古きを尊びすぎる気がして、共感できる部分と気持ち悪さの半々です。個人的には大工や職人もフラットであるべきと思っていますから。でも、高学歴のスマート大工は好きですけどね。

そして、これを読んで共感したとしても、同じように成功はしないということです。なぜなら、秋元社長ほどの行動力や実践力があるか?と問われると、なかなか「うん」と返事ができる人はいないのでは???また、時代もちょっと前なので、同じことをやっても無理でしょう。平成建設の社員になるなら別ですけど(笑)

正しい答えの一つではあるけど、これが絶対とは思えないということですね。もっと違う答えもいろいろあると思っています。というか、違う答えを生み出せなきゃ、業界はどんどん廃れていきます。

ただ、共通して言えるのは、たとえ異端であったとしても、自分を信じ、行動や実践することが必要だということですね。

【感想】高学歴大工集団 Kindle版

高学歴大工集団[Kindle版]

  • 作者:秋元 久雄
  • 出版社:PHP研究所
  • 発売日: 2013-09-24


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。