脱LDKだから家が売れるというわけではない。

先日、投稿しました
『脱LDK』の記事が、

気付いたら、
「脱LDK」の検索で
1位でした(笑)

もしかしたら、見る人によって、
若干違うかもしれませんが・・・

https://goo.gl/SZ4tme

もちろん、この言葉を使ったから、
家が売れるというわけではないです。

そして、

逆転の発想みたいな
ところがあるので、

全員に受け止められる
ものでもありません。

端折って、結論を言うと、

つくり手側も、住み手側も、
考えない人には無理ということです。

ここに、オープンな空間にする
ということだけでは、成立しない
ポイントがあるんですよね。

なぜ、『脱LDK』なのか?

そもそも、

なぜ、『脱LDK』を
取り上げようとしているのか?
というと、

家の在り方に
踏み込みたかったのも
ありますが、

家の使い方、楽しみ方にも、
踏み込んでいきたいと
考えています。

例えば、狭小地域などの
特別な条件を除くと、

家族4人、床面積30坪の
コンパクトで小さな家を
狭いと感じる人は多いです。

本当に必要な広さなんて
知らないのに、

35、40坪ほしいと
普通に思っていたりします。

土地が安い地方だと、
なお、この思いが強いです。

でも、、、

あくまで井内自身の
体感値ですが、

下手な設計の35坪より、
脱LDKを取り入れた30坪の方が
広く感じますし、広く使えます。

そして、家族4人でも十分に暮らせます。

別に家族4人で暮らすのに、
30坪である必要はないんですが、

普通の家よりは、質を落とさず、
グロスで安くすむってことです。

つくり手と住み手が、
ちょっと価値観変えるだけで、

建てられない家も
建てられるようになるってことです。

・・・と、

脱LDK論を書き始めると、
長くなるので、
小出し小出しでいきます(笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。