脱LDKが価値にならない原因

間取りを考える時に「LDKにとらわれない開放的な間取りしよう」という、脱LDKの話を先日書きました。

脱LDKとは?

2017年5月21日

振り返ってみても、個室+LDKの間取り住宅の様に、誰でも建てられるごく普通の家で、結果を出せる人というのは、結局のところ、セールス力がある人や会社です。

それで、「そんな家づくりはおかしい」とか、「差別化しよう」ということで、オープンな空間による『脱LDK』を取り入れ、さらに、こんなことを掲げる会社は増えてきました。

(例えばの文言です。)

間取りを考える時、個室+LDKという間取りの考え方は、戦後のハウスメーカーや高度成長期の公団住宅が合理的に家を建てるために考えた間取りの考え方です。

家族構成にあてはめて、「寝室」「ダイニング」「リビング」「子供部屋」など、機能に合わせて部屋割りすると、すごく合理的です。ですが、実際そんな家に住んでみると、部屋はいくつあっても物があふれたり、子供が個室に閉じこもったりして、家族の団らんは失われます。

そんな型にはまった家づくりでいいのでしょうか?それぞれの家族に合うライフスタイルがあります。オープンな空間をつくって、家族の成長に合わせた変化に対応できるよう、自分らしい暮らしを実現しましょう。

ですが、こういうことは何とでも言えますし、オープンな間取りも誰でもつくれます。

『脱LDK』って設計手法の様に聞こえますが、本質的なところは違うんですよね。10年前ならまだしも、今は、単なるオープンな間取りにするだけでは、 もうほとんど意味を成しません。決して、脱LDKにしたらから家が売れるというわけではないのです。

なぜなら、住み手がついてこれていないからです。

リビ充も、脱LDK?

そういえば以前、リクルートが「2017年のトレンド予測」の住まいのトレンドキーワードとして、「リビ充家族」をキーワードに挙げていました。

「リビ充家族」とは、リビングを最大に広げて多用途に使い、空間は共有しながらも各々が充実した時間を過ごすことなので、『脱LDK』と同じ方向性でもあります。空間の共有化、空間の多機能化ってことですね。

2017年の家づくりは、リビ充=多機能化!?

2017年1月4日

多分、土地買って自由な設計で家を建てる戸建て派より、利便性を優先するマンション派の方が、広さを妥協する分、限られた空間を有効的に使おうという意識は高いのかもしれません。実際、リノベーションが流行った背景には、限られた空間をどう使いこなすかを一緒に考えたことも影響していると感じています。逆に、不動産会社が勝手にリノベーションしたものは、イマイチなのでは?

注文住宅の場合、狭小住宅でない限り、狭いと感じたら広げるという選択肢がある分、今ある空間を最大限に使おうという意識が低いんですよね。

この辺が、注文住宅で単なるオープンな間取りにしたところでは意味がない要因になってるんですよね。つまり、脱LDKを、価値へと変えさせるポイントでもあるのです。

脱LDKは、その意識の必要性から、全員に受け止められるものでもありません。つくり手側も、住み手側も、考えない人には無理ということです。だけど、考えることで差が生まれ、価値になるわけですからね。考える家づくりは大事ですよ。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。