注文住宅におけるあなたのテーマや関心はどんなことですか?

8月か9月に、設計系の講座&セミナー「設計講座(仮)」を企画しているため、現在、設計講座についてのアンケートを受付けています。

内容の大枠は固まっていますが、あなたの悩みを解決できるよう、意見を反映したメニューにしたいと考えていますので、よろしければご協力いただけるとうれしいです。

【期間限定】設計講座についてのアンケート

2017.05.28

設計講座(仮)の大まかな方向性

大まかな方向性としては、暮らしをモノで豊かにしようとするのではなく、暮らしを精神的に豊かにしようとしている人をターゲットにした、あなただけの住宅ブランドを固めていただく内容になっています。

以下のマップをご覧いただくと、立ち位置がわかりやすいと思います。

この顧客層をターゲットにする理由は、「自分らしさ」「機能性」「デザイン」といった、モノ以外の価値を感じるため、価格競争に巻き込まれにくく、高満足の住宅を提供できるからです。

またこの顧客層で、一番狙いやすい価格帯は、建物本体価格で1700~2000万円前後です。注文住宅では一番のボリュームゾーンと言われています。

これ以下の価格帯になると、コスト重視になり、価値を価格に反映できにくくなり、経営として成り立っていきません。そして、これ以上の価格帯になると、比較検討や第三者の仲介人など、リスクに対する意識が強くなり、家づくりを楽しむという感覚は少なくなってきます。また、建築家という独自性の強い人たちがいますので、付け焼き刃のデザインでは太刀打ちができません。

地域の土地価格にも多少左右されますが、暮らしを精神的に豊かにしようとしている感覚でかつ、建物本体価格で1700~2000万円前後で建てられる顧客層の数は、全体の15~20%程度になります。大枠としては、この層を狙っていくことをテーマにしています。

あなたに合う価値の高い『コト訴求の住宅』を目指す!

これまでの住宅業界のやり方に習うなら、「この家を建ててください」とプランをお渡しするフランチャイズのようなやり方になるのでしょうが、このセミナーではそんなことはしません。

はっきりいって、他の企業から「この家を建ててください。」と言われ、コンセプトまで真似て、そのまま建てるような二番煎じでは、もはや施主の心をつかめないのではないでしょうか。

また、今あなたが建てている家が、本当にあなたに合った家なのか?もっと価値を高めることができるのか?その辺りを、しっかりと見定めていく必要もあります。

なので、他社の真似事ではなく、あなただからこそ提供できる独自のウリを明確にし、まずは目指すべきセルフイメージを手に入れていただきます。そして、それを象徴するあなたが建てるべき住宅モデルをつくりあげていただく内容です。

この大まかなテーマを踏まえて、あなたの悩みを解決できるよう、意見を反映したメニューにしたいと考えていますので、よろしければアンケートにご協力いただけるとうれしいです。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?