施主の心をつかむコンセプトはどうすれば生まれるか?

先日、書いた記事で、企画住宅の話から、コンセプトについて触れました。

企画の本質は、モノではなくコンセプト。これからの注文住宅においても、施主の心をつかむベースとなる企画(コンセプト)が必要というお話です。

なぜ、今『設計』なのか?

2017.06.01

施主の心をつかむコンセプトがあると、集客は楽になります。似たような話で、ビジョンとか世界観とかがありますが、

ビジョン > 世界観 > コンセプト > テーマ

という、左に行くほど抽象的で、右に行くほど、具体的になりやすい位置づけのように、「コンセプト」の位置は、少しの抽象性と、ほどよい具体性があり、一般の方でもわかりやすいバランスがあります。(ただ、施主の心をつかめるような具体的な内容にすることは一苦労します。)

コンセプトがイケていないと、たとえ多くの人の目に留まっても、集客はかなり苦戦します。逆に、コンセプトがよければ、少ない人にしか知られてなくても、少ない中からも確実に集客できます。

施主の心をつかむコンセプトはどうすれば生まれるか?

施主の心をつかむイケてるコンセプトとは?・・・数学のように決められた答えがあるわけではないので、正直、わかりません。

魅力的かどうかはお客さんが決めることですので、照らし合わせる必要があります。そして、答えそのものは、まずはあなた自身の魅力や価値観から生まれるものだと思っています。

住宅の場合、お客さんは家の良し悪しをを全て知っているわけではないのですから、まずはあなた自身が良いと思うものなど、基準を作る必要があります。自分の内にあるものを掘り起こしていくみたいに、セルフイメージを突き詰めていく感じです。

『なぜ、この家づくりの仕事をやっているのか?』『家を建てることで何を伝えたいのか?』などの本質的なことや、DIYが好きとか、自然素材が好き、自然素材の中でも杉が好きとか、キッチンはこんなカタチが好きとか、天井は表しがいいとか、良いと思うものいっぱいあると思うんですよ。

ライフスタイルを見つめ直し、自分らしさや機能性、デザインなどについて、どう思っているか自分に問いかけてみてください。

その好きや良いと思う感情は、あなたの個性でもあります。小さな会社ほど、あなたの個が武器になりますから、それがないと厳しいです。

ひと言で言うと何なのか?

そしてそれを、「ひと言で言うと何なのか?」ということです。自分の家づくりを、ひと言で言えば、何なんだろう?と考えることですね。「◯◯◯◯の家って、どんな家なんですか?」と聞かれた時に、答えるひと言でもあります。

その「ひと言」がお客さんにとって魅力的であれば、それは「魅力的なコンセプト」というわけです。

魅力的なコンセプトを生み出していくには、普段から、「ひと言で言うと何なのか?」という問いかけをを、意識してみましょう。家だけに限らず、色んな商品に対してです。そうすることで、少しづつに「コンセプト脳」が鍛えられていきます。

なぜなら、一夜にして、凄いコンセプトが作れるようになるなんてことは、まず無いです。そんな天才なら、そもそも悩んでいないはずですから(笑)

余談:脱LDKはコンセプト?

先日から、「脱LDK」という言葉を使っていますが、抽象度が高いので、位置づけ的には『世界観』ですかね。(感覚的な話なので、難しいところですが・・・)

 

8月か9月に、設計系の講座&セミナー「設計講座(仮)」を企画しているため、現在、設計講座についてのアンケートを受付けています。

あなたの悩みを解決できるよう、意見を反映したメニューにしたいと考えていますので、よろしければアンケートにご協力いただけるとうれしいです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?