コンセプト住宅とは?

コンセプト住宅とは、コンセプトを強く打ち出した住宅、つまり、家のつくり手側である、ハウスメーカーや工務店、設計事務所が、コンセプトを強く打ち出した住宅を指します。つまり、誰とどのように暮らすのか、ライフスタイルを見つめ直し、「暮らし方」を提案する住まいでもあります。

コンセプト住宅の良さは、『コストバランスを考えた上で、家を最も楽しむことができる』ことなので、つくり手側は、住み手の望む暮らしを実現する約束として、わかりやすいコンセプトを掲げたほうがいいです。

なぜ今、コンセプト住宅なのか?

一般的な注文住宅の場合、住宅優先で、カタログから「どれを選びますか?」と、「住まいに暮らし方を合わせる」手法が取られてきました。

そして、自由設計という言葉が出始めたころから、施主の要望を聞き、それに合わせて設計をすすめる「暮らしに合わせて設計をする」という流れが生まれてきました。

ただ、この「暮らしに合わせて設計をする」というのが、誤解を生みやすい言葉なのです。なぜなら、多くの方が「暮らしに合わせて設計=要望を聞く」という、受注型の流れで進めてしまうのです。

要望中心の受注型の流れで設計してしまうと、よほど設計が上手くない限り、妥協しなければならない点が多くなったりしてまとまりません。一応、カタチ上は住宅は出来上がりますが、住み心地も悪くなり、せっかくのこだわりが不満へと変わっていきます。

もちろん、要望を聞かないと、家づくりの時点で不満を感じますが、家のことを詳しく知らない一般の方が、土地や間取り、仕様など、さまざまな条件の中で、自分たちの暮らし方をイメージしたところで限界があります。

だからこそ、つくり手側は、住み手の望む暮らしを実現する約束として、わかりやすいコンセプトを掲げ、そのコンセプトに沿った進め方をする必要があるのです。

コンセプト住宅の利点

コストバランスを考えた上で、家を最も楽しむことができる

コンセプト住宅の良さは、『コストバランスを考えた上で、家を最も楽しむことができる』ことだと捉えています。

なぜなら、コンセプト住宅は、「暮らし方」を提案する住まいなので、設計する側も、そのコンセプトに沿った工夫を最初から取り入れることができます。それによって、「こういう暮らしはあなたを豊かにしますよ」と提案することが容易になります。

決められたコンセプトに基づいて、「暮らし方」を意識した設計をされていることで、そのコンセプトを中心に、どのように住んでいくかをお互いに考えることができるのです。そうすることで、妥協することも少なくなりますし、イメージしている暮らしと実際に住み始めてからのギャップも少なくなります。

さらに、コンセプトの内容をわかりやすく掲げておけば、提案するコンセプトを好む顧客層を想定しやすいですし、提案する「暮らし方」に共感する方が、引き寄せられてきます。すると、必ず同じような考えを持つ人が自然と集まるので、コミュニティも築きやすくなります。

設計力に自信がなくて、建物本体で2500万円ぐらいまでの提案であれば、コンセプト住宅は、かなり強力な武器になります。

コンセプト住宅の弱点

言葉だけで表現すると、尖っていないと違いが出ない。

工務店や設計事務所も、WEBサイトやカタログに、コンセプトを掲げているところは多いです。ですが、「それが他とどう違うの?」と問われると、どうでしょうか?「自然素材」「デザイン」などに、絡んだことを掲げるものが多いと思いますが、言葉だけで表現していても、よほど尖っていない限り、なかなか違いがわかりにくかったりしますよね。

だからこそ、その「コンセプトを住宅で表す」ことが必要なのです。住宅というカタチあるもので表現した時、いい加減なコンセプトはボロが出ます。

プランそのものには価値はない。

「コンセプトを住宅で表す」といっても、プラン化された「・・・のある家」という感じで、 WEBサイトに載せたところで、 劇的に何かが変わるわけではありません。

なぜなら、プランそのものには価値はないからです。

合理化されたプランだけを見ても、そこに楽しさは感じません。もっと具体的なライフスタイルをイメージさせる必要があります。

根本的なことになりますが、瑕疵以外で、できあがった家に不便や不自由を感じるのは、そのライフスタイルに柱となるコンセプトがないことも影響していますからね。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。