住に楽しさを求める人、求めない人

この記事を読んで、
ふと思い出しました。

東横インの部屋はなぜどこも同じ間取りなのか
https://goo.gl/deHa3b

昔、、、

誰にでもガツガツしてるタイプの
キャリアウーマンから、

「東横インの素晴らしさ」を
語られたことがあります(笑)

いかに合理的かみたいな・・・

個人的には、

泊まる分には不平不満はないけど、
あえて泊まろうとは思いません。

なぜなら、つまらないからです。

一昔前の宿泊施設って、
バリエーションがほんと少なくて、

安らぎを求めつつ、変化を求めようとすると、
高級なところしかなかった気がします。

なので、普通のところで、
我慢するしかなかったですが、

最近、宿泊施設が
足りてない影響からか、

色々なコンセプトの
宿泊施設が生まれてきています。

・「泊まれる本屋」が
コンセプトのものだったり、
http://bookandbedtokyo.com/

・宿泊できる雑誌であり、
編集できるホテルだったり、
https://camp-fire.jp/projects/view/4328

・痛部屋だったり、
https://www.airbnb.jp/rooms/14142986

・刑務所だったり・・・
https://matome.naver.jp/odai/2146984730222301301

まだまだありますが、

カプセルタイプのホテルも、
安さをウリにするのではなくて、

デザインや高級感を出したものが
増えてきました。

宿泊なので、「住」と呼ぶには
足りないかもしれませんが、

DIYとかも含めて考えると、確実に、
住に楽しさを求める人と求めない人に
分かれはじめてきてますね。

もちろん、
どんなユニークなコンセプトの
宿泊施設ができても、

「私は東横インだ」という人はいますし、
それが悪いわけでもありません。

これはつくり手側にも同じことが言えて、

「楽しむ」「楽しめる」は、
魅力的なコンセプトを生む、
大事なキーワードですよ。

コンセプト住宅とは?
https://dtoac.com/blog/20170607/30764

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。