設計にも戦略がある。戦略がしっかりしていれば、設計力が低くても、魅力的な家が提案できる!

2011年の震災の後、「家とは何か?」「住まいとは何か?」という風に、家づくりを根本から考えなおそうという意識が高まっていたことから、とある講座の企画が進んでいたことがあります。

最終的には、主催者の意思がハッキリしないため、ズルズルとなくなっていきましたが、こんな考えを軸にした講座でした。

住宅は建物として、物理的・機械的なものだけでとらえるのではなく、環境のこと、日常生活のこと、家族のことなど、逃れられない関係性の中からもとらえ、つくっていかなくてはならない。そして、建築家、家事や子育ての専門家を交えて、住まい手に伝えなくてはならない。

根本的な本質は、今も変わっていなくて、ポイントだけ言うと、「戦略と戦術の両方を意識する。」ということです。

集客やマーケティングにおいて、ネット広告、Facebook、ブログ、メルマガなど、それらは大事ではあるけども戦術にしか過ぎません。結局のところ、大元になる戦略に取り組まないと、売上は伸び続けないのです。

戦略とは、他社との違いを明確に示す優位性や、事業への想いを反映する価値観、周りをファン化させる共感性などを指します。

この「戦略と戦術」は、設計も同じことです。設計そのものは、建築物でカタチにするための表現であり、あくまで戦術(方法)のひとつにしか過ぎません。

だからこそ、テクニックだけでもだめで、設計の真髄は戦略にこそあるのです。戦略がしっかりしていれば、設計力が低くても、魅力的な家が提案できます。

設計は真似しやすいこともあり、テクニック的なことは、 もう溢れるほど出回っていますからね。でも、売れている住宅の間取りを真似でも、それだけでは売れないんですよね・・・

戦略もあやふやで、建てている家も他社マネな事例を、時々拝見します(笑)きっとマンネリ化して上手くいってないことでしょう。そんな状況に、モヤモヤしてませんか?

 

そういうことを踏まえた上でのお話ですが、少し前から告知していました、 設計講座ですが、いろいろと決まってきました。

まずは日程や場所からですが、9月5~6日に名古屋で行います。アンケートでは東京の声も多かったのですが、名古屋ではすでに参加表明している方もいらっしゃるので、まずはこちらに集中したいため、東京は未定です。

詳細は、6月22日から公開し、募集期間は7月1日~を予定しています。

今回企画するにあたって、他の設計講座とかは、もちろん調べてますし、これまでにも業界の情報として、目にはしてきています。なので、意匠や間取り絡みの、テクニック的な講座が、すでにあることも知っています。ご年配の設計士の設計手法とか、何百棟建ててる会社の設計手法とか・・・

参加しているわけではないので、詳細までは知りませんが、そういうのとは方向性が違います。戦略まで絡めた内容にしています。いち早く、案内を受け取るには、メルマガへの登録をオススメします。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?