セルフイメージが低いとダサくなる!?

ダサい家と、
センスの良い家、

できることなら、
センスが良い家に
住みたいものです。

でも、

同じ土地、同じ予算、
同じコンセプト・・・

全てが同じ条件下であっても、

人によって、
設計した間取りや建物は
異なります。

なぜ、違うのか?と問われても、
「センスの違い」としか
言いようがありません。

もちろん、そのセンスには、
経験やスキルも影響しています。

でも、細かいことを言えば、

経験年数があるから、必ずしも
センスがいいわけではないですし、

資格があるから、必ずしも
センスがいいわけではありません。

つまり、

アートやデザイナーと同じように、
クリエティブに表現することの
資質みたいなものが存在します。

設計の上手い人は、

インテリアや照明などの
プロダクトデザインや、
写真や文章などの表現も
やったりしますからね。

そういう人って、
自分のことを理解していて、
心にブレーキがない方が多いです。

しかも、

完璧な確信を持ってというよりは、
こうやったらできるみたいな、
やりながら整える人が多い気がします。

設計は、セルフイメージが高い方が
間違いなく、いいモノが生まれやすいです。

でも意外と、設計する人には、
ネガティブな方は多いですし、
頭だけで考えてるケースも多いです。

創造性がいらない、
数字を追いかけるような作業なら、
それでも構いませんが、

建主という相手があっての、
プランであり、意匠ですからね。

相手のセルフイメージも
高める必要があるわけですから、
自分も高い方がいいわけです。

セルフイメージを高めるための、
自己理解は必要ですし、
心のブレーキは外す必要がありますよ。

実際、20代半ばの女性建築士に、
セルフイメージを高めるプログラムに
取り組んでもらったところ、

周りから、
「提案に深みが出た」などの、
高評価を得るようになった
ケースもあります。

こういうことって、
モノとして目に見えないから、
バカにしがちなのですが、

そういう視点が自体が、
すでにセルフイメージが低い証拠
なのかもしれませんね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。