なぜ普通の住宅でも満足できるのか?

満足度を高める上で大事な要素、それは「伸びしろ」です。つまり、今いるところからの「伸びしろ」をどう感じさせるか?ということです。

例えば、こんな例があります。

ボロボロのアパートからだと、普通の住宅でも満足

以前、住み始めてから1年ほどの、とあるお宅を取材させてもらった時のことです。

なんでも、以前は、ボロボロのアパートに住んでいたようで、隙間風の寒さに悩まされていた模様。取材した声の中で、印象深かったのは、「冬も暖かくて満足」という言葉でした。

そのお宅は、耐震性も、断熱性も、ごく普通の住宅です。スペックだけでみたら、建築基準法レベルです。でも、以前のボロボロのアパートに比べたら、十分すぎるほどで、そこからの伸びしろがある分、満足の声も大きいようです。

つまり、価値を感じさせるには、「伸びしろ」を出すことがかなり重要になるのです。でも、それには必ずしも、ハイスペックである必要はありません。田舎のおばあちゃんの家に行って、ポットン便所やゴエモン風呂の不憫さを感じた後に、自宅の温水トイレや、ユニットバスにホッとする感覚です。

目に見えない価値を感じさせるには、スペックよりも「伸びしろ率」の方が大事なんです。

もちろん、断熱のクオリティも大事ですけど、一昔前までは、新省エネ基準だったのが、ちょっと前に、次世代省エネ基準になり、そして今では、改正省エネ基準が目安になっています。2020年には義務化のようですが、きっとまた新たな基準がでてくるでしょう(笑)

こういう流れを見ても、スペック志向になると、しんどいですよね。次世代省エネ基準時代は、それでいいとされていたのに、今はダメみたいな、、、さらには、新商品出たけど、買い換えれないもどかしさもあり・・・

このような話は、耐震性でも似たような話があって・・・

このような話は、耐震性でも似たような話があるのですが、結論から述べると、「地震に対する技術は必要だけれども、それで、幸せを感じさせることはできない。」と思っています。

2011年の震災から1年後、関東のある地域で、完成見学会をした時のことです。

30代後半~40歳前後のご夫婦が見学に来られたのですが、奥さん側は、震災当時、家にいて、家がかなり揺れたため、「耐震」のことで頭がいっぱいな感じでした。旦那さんの方は、割りと楽観的で、地震のことよりも、ガレージがほしいなど、今の家では実現できないことを望んでいました。

予算的に厳しいのと、すぐ建てようという方ではなく、地震により、今住んでいる古い家(借家)に不安を感じ、新たな家を検討し始めたという方です。旦那さんとはその後も、何回かお話しましたが、当面は今の家に住むことを決断されてました。多分、夫婦で話がまとまらなかったのでは?

対照的な夫婦でしたが、地震のことで頭がいっぱいな奥さんと話をしていて、感じたのは、「新たに家を建てても、この人が、家を建てたことで幸せを感じるイメージがわかない。」ということです。

地震に対する技術は大事だけれども、その技術に対するありがたみを感じるには、大きな地震が起きた時ぐらいでしょう。でももし、大地震あった時、たとえ自分の家だけ助かっても、周りの状況を考えたら、とても幸福とは言えないですよね。もちろん、助かるに越したことはないですよ。

極論を言えば、「シェルターに暮らしても、安全ではあるが、幸せは感じない。」ということです。

 

これらは、注文住宅における大事なポイントです。感じさせるための土台として、技術やデザインは必要ですが、それらはあくまで手段にしかすぎないのです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?