なぜ普通の住宅でも満足できるのか?

満足度を高める上で大事な要素、それは「伸びしろ」です。つまり、今いるところからの「伸びしろ」をどう感じさせるか?ということです。

例えば、こんな例があります。

ボロボロのアパートからだと、普通の住宅でも満足

以前、住み始めてから1年ほどの、とあるお宅を取材させてもらった時のことです。

なんでも、以前は、ボロボロのアパートに住んでいたようで、隙間風の寒さに悩まされていた模様。取材した声の中で、印象深かったのは、「冬も暖かくて満足」という言葉でした。

そのお宅は、耐震性も、断熱性も、ごく普通の住宅です。スペックだけでみたら、建築基準法レベルです。でも、以前のボロボロのアパートに比べたら、十分すぎるほどで、そこからの伸びしろがある分、満足の声も大きいようです。

つまり、価値を感じさせるには、「伸びしろ」を出すことがかなり重要になるのです。でも、それには必ずしも、ハイスペックである必要はありません。田舎のおばあちゃんの家に行って、ポットン便所やゴエモン風呂の不憫さを感じた後に、自宅の温水トイレや、ユニットバスにホッとする感覚です。

目に見えない価値を感じさせるには、スペックよりも「伸びしろ率」の方が大事なんです。

もちろん、断熱のクオリティも大事ですけど、一昔前までは、新省エネ基準だったのが、ちょっと前に、次世代省エネ基準になり、そして今では、改正省エネ基準が目安になっています。2020年には義務化のようですが、きっとまた新たな基準がでてくるでしょう(笑)

こういう流れを見ても、スペック志向になると、しんどいですよね。次世代省エネ基準時代は、それでいいとされていたのに、今はダメみたいな、、、さらには、新商品出たけど、買い換えれないもどかしさもあり・・・

このような話は、耐震性でも似たような話があって・・・

このような話は、耐震性でも似たような話があるのですが、結論から述べると、「地震に対する技術は必要だけれども、それで、幸せを感じさせることはできない。」と思っています。

2011年の震災から1年後、関東のある地域で、完成見学会をした時のことです。

30代後半~40歳前後のご夫婦が見学に来られたのですが、奥さん側は、震災当時、家にいて、家がかなり揺れたため、「耐震」のことで頭がいっぱいな感じでした。旦那さんの方は、割りと楽観的で、地震のことよりも、ガレージがほしいなど、今の家では実現できないことを望んでいました。

予算的に厳しいのと、すぐ建てようという方ではなく、地震により、今住んでいる古い家(借家)に不安を感じ、新たな家を検討し始めたという方です。旦那さんとはその後も、何回かお話しましたが、当面は今の家に住むことを決断されてました。多分、夫婦で話がまとまらなかったのでは?

対照的な夫婦でしたが、地震のことで頭がいっぱいな奥さんと話をしていて、感じたのは、「新たに家を建てても、この人が、家を建てたことで幸せを感じるイメージがわかない。」ということです。

地震に対する技術は大事だけれども、その技術に対するありがたみを感じるには、大きな地震が起きた時ぐらいでしょう。でももし、大地震あった時、たとえ自分の家だけ助かっても、周りの状況を考えたら、とても幸福とは言えないですよね。もちろん、助かるに越したことはないですよ。

極論を言えば、「シェルターに暮らしても、安全ではあるが、幸せは感じない。」ということです。

 

これらは、注文住宅における大事なポイントです。感じさせるための土台として、技術やデザインは必要ですが、それらはあくまで手段にしかすぎないのです。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。