施主の心をつかむコンセプトを築き、それを住宅というカタチにしていく。

少し前から告知していました、 設計講座ですが、いろいろと決まってきました。9月5~6日に名古屋で開催いたします。詳細は、6月22日から公開し、募集期間は7月1日~を予定しています。

この2日間の設計講座の目的は、

施主の心をつかむコンセプトを築き、それを住宅というカタチにしていく。

ことを目的としています。

通常、コンセプトをカタチにしていくというのは、見込み客が求めている未来を明確にすることです。ですが、住宅というカラパゴスな商品の場合、一般の方が想像する未来は、すごく曖昧でイメージしにくいものでもあります。

だから、ハイレベルな集客方法を追いかけるよりも、ハイレベルなセールストークを身につけるよりも、見込み客が描いている以上の未来を「伝える」「届ける」ほうが大事です。

ワクワクしながら家を建ててる?

僕自身が、ベースとしているコンセプトの基本は

ワクワクしながら家を建てているか?

「家づくり」はおもしろいものだと思っています。建築学科出身でもない僕自身もハマっているわけですし、今「家づくり」においても、DIYが少しずつ増えてきていることを考えても、絶対おもしろいものだと思います。

ただ、それを伝える側が楽しんでいないと、響いていきません。

同じモノでも楽しさを感じると満足度が高くなります。左官屋がキレイに塗った壁よりも、塗り方は下手でも自分たちで楽しく塗った壁の方が、想い出に残り、満足度は高くなります。

10年近くも前に、とある新築の壁を施主と一緒に塗った時のことです。朝から一緒に壁を塗り、その日の昼にBBQをし、気を良くした施主は昼から缶ビールを飲み、ほろ酔い気分で壁塗ってるし(笑)(さすがに自分は付き合い程度に口付けるほどですが。)

で、、、久々に会うと、奥さんは、その時のことを楽しそうに話してくれるわけです。僕にだけでなく、他の施主やお客さんに対しても。実際に建てて住んでて、楽しんで満足してて、そんな奥さんの言葉は、誰よりも中身のある言葉なのです。

だからこそ、家づくりをできるかぎり楽しくさせる必要があると思っています。「建築」という武器を片手に、どうやって住宅を楽しませるか?ワクワクさせるか?ということですね。

施主の心をつかむコンセプトを築き、それを住宅というカタチにする。

今度の講座では、このフレームをベースに、あなた自身の魅力を引き出し、見込み客に合わせていき、あなただけの独自のコンセプトを築いてもらいます。

そして、それと同時に、そのコンセプトを住宅というカタチにしていただきます。

コンセプトだけだと、興味を持ってもらうことはできても、その先の契約に繋がっていきません。そのため、コンセプトが反映された、コンセプト住宅が必要なのです。

ただの住宅設計、住宅商品ではダメなんです。あなた自身の魅力を引き出し、見込み客の気持ちを汲み取った、あなただけのコンセプト住宅が必要なのです。

住宅なんて所詮、既製品の組み合わせで、人が生きていく上での道具のひとつにしかすぎません。道具であるならば、使い手にフィットしていて、上手く使いこなせたほうがいいし、楽しみながら使いこなした方がいいわけです。

だから、コンセプトが曖昧なまま、住宅を設計したとしても、モノとして形にはなっても、心に響くものにはならないのです。曖昧なものを試行錯誤したところで、何も生まれてはきません。明確するからこそ、お客さんに届くのです。

世界一かんたんなコンセプト住宅のつくり方(仮)、まもなくお届けいたします。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。