世界一かんたんなコンセプト住宅のつくり方セミナーの全体像

9月5日(火)~6日(水)名古屋で開催する「世界一かんたんなコンセプト住宅のつくり方セミナー」の全体像を図にしています。

世界一かんたんなコンセプト住宅のつくり方・全体像

必要になる要素において、それぞれにサポートしていきます。例えば、

  • セルフイメージには、セルフイメージ構築シート
  • コンセプト住宅のところには、コンセプト住宅構築テンプレートと住宅アイデア
  • コンセプト住宅の提案においては、提案メソッド

を用意しています。

もう少し細かいことをあげると、標準仕様に何を選ぶかまで取り組んでいきます。

「コンセプト住宅なんて自分でつくれるわい!」

何か特殊な設計テクニックがあるのでは?と思われがちですが、そんなことではなく、あなた自身の価値観や魅力、そして、設計コンセプトの生み出し、それをカタチで表すだけです。そんなに難しいことではないので、「自分でつくれるわい!」と出来る方はご自分でやればいいと思ってます。

ただ、プランを考える設計者側が、自分一人だけで考えようとするモノなんて、実際のところしれてますし、自分だけで解決しようとする余計な賢さに頼ると、変化は生まれません。「一人」は、最も行動しなくなる環境でもありますしね。

また、現実的に、設計の講座なんてほとんど存在してませんし、実務者は実践の中でしか磨いていくしかないのではないでしょうか?設計を中心とした注文住宅を、月に10~20棟ほど抱えているぐらいの設計&打ち合わせしてれば、実践の中で磨けると思いますが、そんな状況下で設計できている人は、限られていると思います。

設計に限らず、自分自身から発信するものは、自分だけから生み出されたものではありません。これまで経験したことや、取り入れた情報などを、吸収し編集し、そして答えとして発信していきます。

そう考えると、元なるアイデア(素材)は、コンセプトなどの大まかな方向性が共有できる複数の人達で生み出していったほうが、より早く、より良いものが出来上がるのではないでしょうか?三人寄れば文殊の知恵的な。

なぜ、「かんたん」と言えるのか?

建築学科出身でもなく、設計の実務もしていない自分が、設計の話をするわけですから、「かんたん」でなければ意味がないと思っています。なので、これまで家づくりに関わる中で、どうやったらシンプルでかんたんに、家の設計ができるのかを考え、取り組んできた内容になっています。

設計の細かいことではなく、家がどのようにできているのかを理解していて、ゾーニングがなんとなく理解できていれば、取り組めるほどの「かんたん」さです、

何よりその方法で、建築学科出身でもなく、設計の実務もしていない自分もプランを描いています。そのプランは、有料にしていますが、床面積30坪前後の広さを中心に、小さな家の間取り(平面図のみ)を、週1でお届けしています。ここでのプランは、セミナーで教材として使う予定です。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?