施工家というブランド

日経ホームビルダーで取り上げられていた、現場監督が1人で同時期に管理する現場の棟数の話。

正直、何棟が正解なのかはわかりませんが、良い現場監督ほど、現場に張り付く傾向があるので、そんなに棟数はこなせないはずです。

Twitterでもつぶやいたように、今まで出会った良い現場監督は、現場に張り付く傾向があり、離婚経験者が多かったです。多分、100%かと。再婚してる人もいましたが、家族サービスができないことを嘆いてましたね。根が真面目なんでしょうね。

ただ、現場監督は、設計者・大工・経営者などに挟まれる環境から、性格が歪みやすい職業だと思っています。家づくりの縁の下の力持ち的な存在ではあるのですが、自分が全てをわかっているかの様なおこがましさを持ち合わせた、クソ監督がいるのも否めません。その場合は、経営者もクソですが(笑)

成りたい人をどうやって増やす?

サイクルの遅い業界なので、ロボットより3Dプリンタよりも、「人を増やす」のが一番早い対応になるんでしょうけど、今のイメージや働き方、仕事の仕方を見ていたら、現場監督になりたい人は少ないでしょうね。

また、陽が当たりません。設計する建築家は取り上げられますし、通には職人のスキルが取り上げられます。でも、現場監督はどんなに頑張っても取り上げらないんですよね。こだわりが強い家ほど、設計するデザイン以上に、そのデザインを実現する現場監督の腕が必要になってくるのですが、想像以上に陽が当たりません・・・

ひとまず簡単にできることとしては、

現場監督になりたい人を増やすなら、建築家と同じように、「施工家」というブランドを築いていけばいいのではないでしょうか?

建築家というネーミングだって、どこかのタイミングで使われ始めたんでしょうから、まずは、「現場監督」というダサいネーミングから変えてみてはいかがでしょうか(笑)特に、現場にチカラを入れている会社なら、「施工家」ブランドを築くべきですよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。