施工家というブランド

日経ホームビルダーで取り上げられていた、現場監督が1人で同時期に管理する現場の棟数の話。

正直、何棟が正解なのかはわかりませんが、良い現場監督ほど、現場に張り付く傾向があるので、そんなに棟数はこなせないはずです。

Twitterでもつぶやいたように、今まで出会った良い現場監督は、現場に張り付く傾向があり、離婚経験者が多かったです。多分、100%かと。再婚してる人もいましたが、家族サービスができないことを嘆いてましたね。根が真面目なんでしょうね。

ただ、現場監督は、設計者・大工・経営者などに挟まれる環境から、性格が歪みやすい職業だと思っています。家づくりの縁の下の力持ち的な存在ではあるのですが、自分が全てをわかっているかの様なおこがましさを持ち合わせた、クソ監督がいるのも否めません。その場合は、経営者もクソですが(笑)

成りたい人をどうやって増やす?

サイクルの遅い業界なので、ロボットより3Dプリンタよりも、「人を増やす」のが一番早い対応になるんでしょうけど、今のイメージや働き方、仕事の仕方を見ていたら、現場監督になりたい人は少ないでしょうね。

また、陽が当たりません。設計する建築家は取り上げられますし、通には職人のスキルが取り上げられます。でも、現場監督はどんなに頑張っても取り上げらないんですよね。こだわりが強い家ほど、設計するデザイン以上に、そのデザインを実現する現場監督の腕が必要になってくるのですが、想像以上に陽が当たりません・・・

ひとまず簡単にできることとしては、

現場監督になりたい人を増やすなら、建築家と同じように、「施工家」というブランドを築いていけばいいのではないでしょうか?

建築家というネーミングだって、どこかのタイミングで使われ始めたんでしょうから、まずは、「現場監督」というダサいネーミングから変えてみてはいかがでしょうか(笑)特に、現場にチカラを入れている会社なら、「施工家」ブランドを築くべきですよ。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。