未完の価値は値が付けられない。

都内の電車内には、
マンションの広告が
結構貼ってるんですが、

その内容は、
「近い、広い、安い。」
といった、

いつもワンパターンです。

ひと言で言えば、
それらは「お金で変える価値」です。

 

その反対の「お金で変えない価値」は
以前、マスターカードのCMを例に、
取り上げましたので、参考ください。

https://dtoac.com/blog/20170327/29615

 

この「お金で変えない価値」には
いろいろあるのですが、

そのひとつに、
ものづくりならではの
「未完」があります。

未完=完成していない
ことの価値ですね。

 

普通、どんな商品も、
完成していないとクレームになります。
もちろん、住宅も同じです。

なので、そのまま未完を伝えても、
その価値に気付く人は、
ほとんどいません。

だから、提案の段階も含め、
啓蒙する必要があります。

 

実は、コンセプト住宅を
最大限活かすには、
この「未完」がかなり鍵を握ります。

あと「要望を聞かない」というのも、
そうですね。

この辺りは、
「提案メソッド」として、
今度の講座の中でも取り入れています。

完成していない、要望も聞かない・・・

これだけ聞くと、
とんでもない家づくりです(笑)

だけど、満足度が高い。
(実践済みです。)

 

7月1日募集開始です。

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。