コンセプト住宅は『巻き込む』ことでその魅力は増幅される!

自分たちの家を多くの人に知ってもらうために、また、他社と差別化する方法として、住宅業界でも「体験」が重要視され始めています。合同で展示場出店したり、宿泊体験できる展示場だったり・・・

これからは間違いなく『体験』が必要ですし、体験が重要視される以上、展示場やモデルハウスという武器は強力です。

その後販売する建売パターンであれ、売らない常設であれ、展示場やモデルハウスを建てるチカラがあるところが有利なのは間違いないです。

ただ・・・そんなやり方は昔から存在していて、つまらない展示場やモデルハウスを建てても、意味がないことは証明されています(笑)

だからこそ、必要なのは、『コンセプトをベースにした体験をつくる』ことです。

コンセプトをベースにした体験に巻き込む!

理想は、展示場やモデルハウスというカタチかもしれませんが、そこまでお金を掛けられないなら、コンセプトをベースにした体験をつくる必要があります。

体験の方法は色々ありますが、わかりやすいのはDIYでしょう。塗ったり、つくったり、貼ったり・・・培ってきたクオリティという土台の上に、家を建てる時の楽しさやワクワク感を体験させることで、その感覚をお客さんと共有するってことです。

でも、コンセプトを掲げている工務店や設計事務所は、たくさんいますが、それを体験できる場を設けている工務店や設計事務所は、ごくわずかです。また、できたとしても上辺だけだったり・・・

こういった、一方的に取り組むのではない、見込み客や施主を参加させ、巻き込みながらつくるやり方って、お客さんとの関係が対等でないと実現が難しいんですよね。対等でないと、上辺だけになりやすいです。さくっと言ってしまえば、「お客様」なんて呼んでいるようでは、本当の意味での「巻き込み」は実現できないのです。

この辺りは、テクニックというより、セルフイメージが大きく影響してきます。

また、「何をするか」より、「なぜそれをしたいのか」に人は惹かれやすいものです。だから、熱量が大事ですし、上辺だけでやっても巻き込めないのです。 他と同じことをやっても、「なぜそれをしたいのか」が明確で熱量がある人の方が、信頼性は高くなります。

世界一非常識な・・・

コンセプト住宅自体、巻き込むことで、その魅力は増幅されますからね。「巻き込み」への意識は大事ですよ。

今度の設計講座は、『世界一かんたんなコンセプト住宅のつくり方』と掲げていますが、「様付けしない」「完成していない」「要望も聞かない」という非常識さがありますので、

別名=『世界一非常識なコンセプト住宅のつくり方』なのかもしれませんね(笑)

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。