コンセプト住宅だから非常識が満足に変わる!

たまに、
「モデルハウスは建てた方がいいのかどうか?」
という質問を頂くことがあります。

建てる建てないで言ったら、
建てた方がいいです。

別に常設でなく、
後で販売する建売パターンでもいいです。

建てた方が良い理由は、
「体験できる」からです。
これにつきます。

特に、似たり寄ったりでない、
個性ある家なら、なおさらです。

 

最近は、住宅業界でも
「体験」が重要視され始めて、

合同で展示場出店したり、
宿泊体験できる展示場だったりと、
チカラをいれてるところもお見かけします。

冒頭で「建てた方が良い」と
言っておきながら、

「ただ建てればいい」という
ものでもなかったりします。

大事なポイントは、
「巻き込む」こと。

コンセプト住宅は『巻き込む』ことで
その魅力は増幅される!
http://dtoac.com/blog/20170628/31122

 

巻き込みながらつくるやり方って、
お客さんとの関係が対等でないと
実現が難しいのですが、

「お客様」と呼んでいるようでは、
本当の意味での「巻き込み」は
実現できないです。

実は、セミナーとかで参加者の口から、
「お客様」という言葉を聞くたび、
心の中ではピクついてます(笑)

そもそも、本心で「様」なんて
思っていないでしょうし、

思っていたら、主従関係になり、
対等にはなれません。

対等になれないと、本当の意味で、
巻き込んで一緒に作ることはできません。

だから、満足度も上がりません・・・

満足が上がらないと、その後、
取材や写真撮影なども
協力してくれません。

要望を聞いて、その通りにカタチする、
「注文住宅2.0」なら、
「様付け」のままでもいいですが、

施主を参加させて、巻き込む
「注文住宅3.0」では、
「様」は付けてはダメですね。

この辺は、セルフイメージだけでなく、
お金との向き合い方も関係していますよ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。