コストを制するものは、住宅設計を制する

設計(デザイン)において、3つの方向性があると提唱しています。ざっくりその概要を挙げますと、

ストラクチャーデザイン
機能とか性能とか、建造物を構成する要素。外観など意匠もここに入ります。
コストデザイン
掛かるコストなどのコストバランスを整えることなど。
ライフデザイン
家の使い方やライフスタイルの提案など。

どれも大事ですが、この中で、弱者が最も優先して取るべき選択は、コストデザインだと思っています。

ストラクチャーデザインにおいては、知識や経験など、専門的なスキルが重要です。ライフデザインにおいては、プレゼン力やセンスが求められます。この2つは、積み重ねが大事なので、付け焼き刃で何とななるものではありません。

施主の予算が決まっている以上、その予算内で収めなければなりません。どんなに良い機能や性能、意匠でも、どんなに魅力的なライフスタイルでも、予算オーバーで実現できませんという話は、よくあることです。

だからこそ、その予算の中で『最大限の価値を引き出すための土台をつくる』という意味でも、コストデザインが最優先なのです。

コストを制するものは、住宅設計を制する

コストデザインといっても、価格をごまかして安く見せるとか、値引きしますということではありません。

会社員の時、『優れた人が住宅を設計すると、2000万円の予算で、3000万円のものも出来る。実力がない人が設計すると、1500万円ほどのものになってしまう。』という話を、よく聞かされていました。

僕はこの例えを「コストを制するものは、住宅設計を制する」と言っています(笑)ぶっちゃけ、打ち合わせしたその場で、およそでも目安になる金額を出せる方が、安心感はあります。

そこで、設計面で意識しなければいけないのが、

予算配分(コストバランス)
総合的な予算計画ではなく、建物の中での予算配分のこと。
お得感
上記の例えの様に、実際の価格以上の価値を感じさせること。

予算配分の下手な例を挙げると、敷地いっぱいにすぐ広くして、他に掛けられる予算を削ってしまい、コストバランスを悪くするというパターンですね。敷地いっぱいの間崩れ設計は、少なくなりましたが今でもたまに見かけます(笑)

また、お得感の一例を挙げるなら、『オリジナルの規格化』です。

例えば、オリジナルキッチンを規格化すると、予算をつかみやすい既製品扱いができます。でも、お客さん側からすると、システムキッチンにはないオリジナルさ=価値を感じます。

つまり、『オリジナルの規格化』は、コストと価値のバランスが良いものになりやすいのです。なので、取り組むべきこととして、今度の設計講座にも取り入れます。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。