コンセプト住宅は「標準化」の積み重ね

土地とか要望とか、 変化のあるものに左右されない。それが、コンセプト住宅、本来のあり方だと思っています。

そこで必要になってくるのは、価格・素材・デザイン、これらの標準化です。

標準化して、そのレベルを上げることで、その分野が苦手な方でも、ある程度のレベルをまでこなすことが可能になります。

例えば、WEBやグラフィック、映像の世界では、テンプレートというカタチで、ある程度のレベルのものが用意されていたりしますよね。

コンセプト住宅はこのような「標準化」の積み重ねでカタチづくられていきます。

価格の標準化

「価格の標準化」というのは、何も全国一律ということではないです。素材にも絡む話ですが、この商品はこの価格という値決めということになります。そうすることで、毎回金額が変わることなく、見積もりもしやすくなります。棟数が多い工務店では、毎年、プレカット工場に対して、安定した棟数と引き換えに、値決めをしているところもあるくらいです。

素材の標準化

「素材の標準化」というのは、簡単に言うと標準仕様ですね。何を使うかベースとなる素材を決めておいて、それを元に提案していくということです。素材が同じだと、発注も施工もしやすいので、効率化が図れます。また同じものを使い続けることで、安心感があります。毎回違う仕様(素材)だと、おさまりも異なったりして、やりにくいですからね。

・・・とまぁ、価格と素材、ここまでことは、どの工務店でもやっていることだと思います。

デザインの標準化

そして、「デザインの標準化」です。

デザインに従ずる者は、一品物を好むため、標準化を嫌う傾向が強いですけど(笑)

「デザインの標準化」というのは、言葉で表現するのが難しいのですが、この標準化が積り重なることで、コンセプトをカタチある住宅にすることに繋がります。

例えば、プランを規格化して、同じ家を建てるのは、完全に「デザインの標準化」とは言い切れませんね。すでに出来上がっている以上、どちらかというとそれは、もう「住宅」という素材なんですよ。

なぜなら、注文住宅のデザインというのは、施主とのやりとりをした上で出来上がっていくものなので、すでに出来上がった完成品は、正直、そこまで魅力はないんですよ。モデルハウスを見て「良い」と思っても、そっくりそのままを建てる人はいないですしね。

注文住宅の「デザインの標準化」に絡むこととして、この施主とのやりとりまでを標準化することが、かなり重要になってきます。簡単に言えば、セールス力や提案力とも言えます。

このやりとりは、相手の感性があってのことなので、応酬話法みたいに、 決められた答えを用意するマニュアルで対応できるわけがありません。さらには、建築知識に加え、自分自身のセルフイメージなども必要になってきます。

 

正直、今回の設計講座は、 間取り講座とか、建築学校で皆が習うような内容ではないです。 なぜなら、設計をしている人は、余るほど溢れていますから、周りと同じことを提案してても、施主の心はつかめやしません・・・

あなたの武器になるコンセプト住宅を、いっしょにつくりあげましょう。参加をお待ちしています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。