コンセプト住宅は「標準化」の積み重ね

土地とか要望とか、 変化のあるものに左右されない。それが、コンセプト住宅、本来のあり方だと思っています。

そこで必要になってくるのは、価格・素材・デザイン、これらの標準化です。

標準化して、そのレベルを上げることで、その分野が苦手な方でも、ある程度のレベルをまでこなすことが可能になります。

例えば、WEBやグラフィック、映像の世界では、テンプレートというカタチで、ある程度のレベルのものが用意されていたりしますよね。

コンセプト住宅はこのような「標準化」の積み重ねでカタチづくられていきます。

価格の標準化

「価格の標準化」というのは、何も全国一律ということではないです。素材にも絡む話ですが、この商品はこの価格という値決めということになります。そうすることで、毎回金額が変わることなく、見積もりもしやすくなります。棟数が多い工務店では、毎年、プレカット工場に対して、安定した棟数と引き換えに、値決めをしているところもあるくらいです。

素材の標準化

「素材の標準化」というのは、簡単に言うと標準仕様ですね。何を使うかベースとなる素材を決めておいて、それを元に提案していくということです。素材が同じだと、発注も施工もしやすいので、効率化が図れます。また同じものを使い続けることで、安心感があります。毎回違う仕様(素材)だと、おさまりも異なったりして、やりにくいですからね。

・・・とまぁ、価格と素材、ここまでことは、どの工務店でもやっていることだと思います。

デザインの標準化

そして、「デザインの標準化」です。

デザインに従ずる者は、一品物を好むため、標準化を嫌う傾向が強いですけど(笑)

「デザインの標準化」というのは、言葉で表現するのが難しいのですが、この標準化が積り重なることで、コンセプトをカタチある住宅にすることに繋がります。

例えば、プランを規格化して、同じ家を建てるのは、完全に「デザインの標準化」とは言い切れませんね。すでに出来上がっている以上、どちらかというとそれは、もう「住宅」という素材なんですよ。

なぜなら、注文住宅のデザインというのは、施主とのやりとりをした上で出来上がっていくものなので、すでに出来上がった完成品は、正直、そこまで魅力はないんですよ。モデルハウスを見て「良い」と思っても、そっくりそのままを建てる人はいないですしね。

注文住宅の「デザインの標準化」に絡むこととして、この施主とのやりとりまでを標準化することが、かなり重要になってきます。簡単に言えば、セールス力や提案力とも言えます。

このやりとりは、相手の感性があってのことなので、応酬話法みたいに、 決められた答えを用意するマニュアルで対応できるわけがありません。さらには、建築知識に加え、自分自身のセルフイメージなども必要になってきます。

 

正直、今回の設計講座は、 間取り講座とか、建築学校で皆が習うような内容ではないです。 なぜなら、設計をしている人は、余るほど溢れていますから、周りと同じことを提案してても、施主の心はつかめやしません・・・

あなたの武器になるコンセプト住宅を、いっしょにつくりあげましょう。参加をお待ちしています。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【12月11日開催】経営のシンプルな法則を知るだけで業績が良くなる!

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。