遠回りなようで一番の近道

前回の『集客できるのか?』にも関連した話ですが、

前回の内容はこちら

Q.「コンセプト住宅で集客できるのか?」

2017.07.07

コンセプト住宅を突き詰めれば、

完成見学会に折込3万部で44組来場とか、DMだけで、管理客が32組来場とか、写真展に折込5万部で71組来場とか・・・集客平均1000部に1組ぐらいが、実現可能になります。アルバイトが作った管理客宛DMでも集客できてしまいます。

もちろんこれには、仕組み化も必要ですが、大元となるのは『家』そのものです。

今回、講座の中でお届けするのも、私自身も実践してきてたそのやり方がベースになっています。

ただし、断っておくと、全く同じことが再現可能化というと、設計が違うので無理です(笑)設計する人のカリスマ性とか、スキルや経験値、タイミングとかもありますからね。

だけど、近づけることは可能です。

でも、それには、家を提供する側である、経営者とか責任者のセルフイメージが必要です。

今回の講座では、セルフイメージ部分は、パートナーである出口さんに任せていますが、そのイメージ部分をより尖らせるための時間を私も用意しています。

今提案している住宅で、兆しがなくモヤモヤしている状況なら、内容を変えるのが、遠回りなようで一番の近道です。

ステージを変え、ブレイクしたい方は、参加お待ちしています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。