『こだわりの家』ほどつくり込んではいけない!?

「こだわりの家」というような言葉は、今では、設計事務所はもとより工務店にとどまらず、パワービルダーやハウスメーカーも使う時代です。

つくり手側がどこも使っている以上、それは、差別化された強みではなくて、当たり前という標準なわけです。

ただ、皆が使うことで、その「こだわり」は多様化してきており、安易に「こだわりの家」でひとくくりにできなくなってきています。皆が皆、同じ内容ではなく、そのレベルにも様々あるってことです。

例えば、「自然素材が使いたい」と一言で言っても、とりあえずなんでもいいという人もいれば、国産材で産地レベルまでこだわる人だっています。とりあえずカタログから選べればいいという人もいれば、施主支給レベルまでこだわる人だっています。

と言っても、一部のマニアックな人を除けば、大半の一般の方の「こだわり」は、程度がしれたものです。そんな「こだわり」に振り回され、全てを飲み込み、カタチにしてしまうのは、恐いですよ・・・特に、間取りなんて、一時の感情で考えてることがほとんどですからね。

自分のライフスタイルを見つめ直せば、すぐに気付くことですが、5年、10年、20年と、いつも同じ暮らし方をしているわけではありません。絶対に変わっていきます。家族という複数人での暮らしなわけですから、より変化はありますよね。

例えば、子どもはいつか家を出るので、子ども部屋なんてそのうち使わなくなる可能性は高いですし、インテリアの好みだって、いつの間にか変わってしまうかもしれません。

でも、このような変化の予測は様々あり、誰にもわからないのです。

「同じ家を住み替える感覚」を持てるかどうか

だから、今の「こだわり」だけで、つくり込み過ぎてしまうと、ライフスタイルが大きく変化した時、居心地の悪い家になってしまう可能性は高くなります。まぁ、「住めば都」という言葉があるように、人には慣れると不便も気にしなくなるという順応性もありますが・・・

でも、変化があることがわかっているのだから、家そのものをシンプルにしておき、状況に応じて、簡単に空間の構成を変えられるぐらい自由度の高いつくりにしておけば、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるわけです。

つまり、つくり手側も住まい手側も「同じ家を住み替える感覚」を持てるかどうかで、ライフスタイルの変化にも左右されない、快適な暮らしが続きやすくなるのです。

でも、注文住宅と言えば、

  • 延べ床面積が広い方が良い。
  • 部屋数が多いほうが良い。
  • 家族それぞれの個室がある方が良い。

どこぞの住宅会社の影響で、大体こんなイメージがついています。「メーカー主導の家づくり」ってやつです。

だから、これから家を建てようとする大半の方は、「何帖の広さが欲しくて、リビングがあって、子ども部屋があって、こんな風に仕切られていて・・・」といったイメージを持っていることがほとんどです。

こういったメーカー主導の家づくりを好む人は大多数います。どこぞの住宅会社の影響で、頭の中が染まりきってたりして、何言っても変わらない人や、メーカー主導の家づくりの方が適している人は、つくり手側も住まい手側も大勢います。

・・・でも、そんな、その他大勢の中に入りたいですか?

施主が求める家をつくることはレベルの低い話

そんな要望や概念はぶち壊したほうが良いんですよ。もちろん、そんなことをすれば、誰にでも共感されるものではなくなってきますので、大勢には受け止められません。

ですが、たとえ相手が描いているイメージとは大きく違っても、施主側が想っていることに向き合い、その提案を裏付ける哲学がしっかりしていれば、共感者は増えていきますよ。(この辺は、どうカタチにするべきかという建築的センスが求められます。)

施主が求める家をつくることが、「こだわりの家」としているのなら、もうそれはレベルの低い話です。求められたものをそのままつくるのではなくて、「どうつくれば、より豊かに暮らせるのか」を考え、それを家というカタチにしていき、どう暮せばいいのかを提案するところまで繋げていかないといけません。

言われたことをただ建築物として建ててるだけなのか、建築物に加え、暮らし方の提案までするのか、これからの家づくりの分かれ道だと思いますよ。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。