『カフェ風』は時代遅れ!?

このところ、
誰もが使うようになった
うたい文句として、

こだわりの家、子育て住宅などを
取り上げましたが、
この手の視点はまだあります。

例えば、「カフェ風」

この内容を、ブログで
がっつり書こうと思いましたが、

まだまとめきれていないので、
メルマガで小出しに・・・

 

「カフェ風」という言葉も、
設計事務所、工務店にとどまらず、
パワービルダーやハウスメーカーも
使っている時代です。

「カフェ風」で画像検索すると、
わんさか・・・

https://goo.gl/8EkDZs

 

多い傾向としては、

照明の明るさを落として、
木の雰囲気と
タイルやしっくいなどの
白い雰囲気で、

ノスタルジーさやレトロさを
感じるものが多いです。

中には、
「カフェちゃうやろ!」と
突っ込みたくなるくらいの
デザインもありますが、

カフェ風には具体的な定義もないので、
それとなくカフェぽかったら、
カフェ風なんでしょう(笑)

 

適当にそれっぽいものを
取り揃えれば、
カフェっぽさは出ますが、

ただ、どんどんと
数が増えていけばいくほど、

安易につくられたカフェ風を、
「カフェ風」と呼ぶのは
ダサくなってきます。

 

そもそも、、、
「カフェ風」にする理由って
何なのでしょう?

・・・オシャレだから?
・・・カフェが好きだから?

その理由をお客さんに話せないなら、
「カフェ風」という言葉を
使わない方がいいと思っています。

結局のところ、
嘘をつくデザインって、
時代遅れなんでしょうね(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。