意識して暮らすのはしんどい?

ちょっと目に留まった記事ですが、

収納術に、利き脳を調べて、
自分に合う方法を見つけるという
メソッドも出てきています。

4パターンの「利き脳」で分かる、
自分に合った収納方法。
http://suumo.jp/journal/2017/07/21/137774/

 

お片付け本など、昔は
いろいろと目を通していたのですが、

実は最近、方法論とか、
頭で考える収納に
面倒くささを感じています。

意識してやる片付けを
極力減らし、

もっと本能的に、
生活のルーティーンの中で、
片付けられるぐらいってことです。

もちろん、

家族という世帯になると、
自分ができても・・・という
難しさがありますが、

本能的に暮らすには、
まずは、モノを少なくする
ことが必要でしょう。

 

季節物とか、
ほとんど使わないけど、
捨てられない物は、

サマリーポケット
https://pocket.sumally.com/

ミニクラ
https://minikura.com/

などの、リーズナブルで、
預けられるサービスを
率先して使えばいいわけです。

収納に悩んでいる人に、
この手のサービスを
上手く使う方法を教える人って、

なぜかいないんですよね(笑)

 

収納のために月々払うのを
嫌がる人はいますが、

収納のために
無駄な広さを設けたら、

その分、コストが上がり、
それは、ローンで払ってるわけです。

また、こういう預けるサービスには、
「すぐ必要になったらどうするの?」
という声もありますが、

そんなに頻繁に使うなら、
預けなきゃいいわけだし、

普段使わなくて、
すぐ必要になったとしても、
一時の不憫さでしょ?

片付かない日常の
ストレスに比べたら、
大したことないです(笑)

 

やりたくないことを、
あれこれ意識して暮らすことが、
しんどさに繋がるわけですから、

極力、本能的に
暮らせる状態にするって、

これからの家に必要な
機能だと思いますよ。

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。