思い出を語らせるために、最中は体験させる。

昨年話題になった、映画『君の名は。』のBlu-ray&DVDが、本日7月26日発売開始で、Amazonでは動画配信も始まっています。

めちゃくちゃ流行りましたからね。映画本編だけでなく、RADWIMPSのPVやら、聖地巡礼やら、マーケティング手法やら、いろいろな切り口から取り上げられていましたよね。

劇場で見に行けなかったので、動画配信で早速観てみました。

内容は、ポカリスエットやサイダーのCMが似合う感じぐらい、爽やかでさっぱりしすぎてて、中高生向けな気がしますね。どうやら「面白くなかった」と言うと、信者から批判されるみたいです(笑)

過去作の方が好きかな。。。

個人的には、同監督の過去作『秒速5センチメートル』の方が印象に残っています。

こちらの方が、主人公の女々しさや、青臭い言葉に酔ってる様な妙な気持ち悪さが、過去を回想する大人にとっては、人間臭く感じて、印象に残りやすいのかもしれません。

10代当時の恋愛中に、言葉で情景描写なんてしないけど、大人になって回想したとき、「あーだった。こーだった。」と、美化してしまう思い出補正も入りながら、都合の良い言葉で描写してしまうでしょ?そういう部分が重なる人は多いんじゃないでしょうか?

なので、中高生には向いてない内容かもしれませんね。

最中は感覚で感じ、思い出は言葉で描写する。

ちょっと前に、ごく普通の家の方のインタビューを何件かした時、質問してもそこまで魅力的な言葉が出てこないケースが多々ありました。

なぜだろう?と思い、どんな風な家づくりの進め方だったかを聞くと、大して『家づくり』を体験していないんですよね。DIYなんてもちろんしてないですし、深く聞いてみると、営業マンに任せっぱなしや、安さに惹かれてたりで、『家づくり』というものを体験して、感覚で感じることを経験していないわけです。

・・・そりゃ、魅力的な言葉が出てきませんよ(笑)

上記の例じゃないですけど、人間、体験したことを思い出として語る時は、美化してしまう思い出補正が入るので、実体験で感じた以上のことを語ります。もちろん、説明者側の理解力や語彙力にもよるので、その人にとって、わかりやすい体験であることが求められますけど。

思い出を語らせるために、最中は体験させる。という視点は、めちゃくちゃ大事ですよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。