『業界の常識』を一度疑って、再構築しよう!

このところ、メルマガでは、家づくりにおいて、これまでの常識とされてきてることに、疑問を投げかけています。

これらのことは、別に天邪鬼的にただ逆をついてるわけではありません。

人口減ってるわけだし、賃貸も向上してるわけだし、中古市場も昔よりは活性化してきているわけだし、注文住宅市場は確実に下り坂です。

上り調子の業界なら、そのままの流れに従えばいいでしょうけど、下り坂である以上、昔からの業界人が言ってることを大抵疑っています(笑)全てが間違っているとは言わないけど、全てが正しいなら下り坂になることはない。と思っているわけです。

また、つくり手側が余っている時代に、周りと同じことをしていて、似たり寄ったりな家づくりをしていたら、成功するわけがないです。ぶっちゃけ弱者が、下り坂業界のニュース動向に振り回されていたら、確実に失敗するでしょう。

常に大多数の人間は間違っている

ビジネスなどでよく使われる言葉で、興味深い言葉があります。

「どのような道を選んだにせよ、手本となる成功例が見当たらなければ、周囲の人々がしていることを眺め、単にその逆の事をすればいい。なぜなら、常に大多数の人間は間違っているからだ」
By アール・ナイチンゲール(自己啓発実業家)

『手本となる成功例』なんて、あるようで存在してません。大々的に成功例をかざすフランチャイズに加盟しても、皆が成功するわけではないですからね。フランチャイズモデルの一番の成功者は、本部ですよ(笑)また、『常に大多数の人間は間違っている』という言葉が間違っているなら、世の中皆、成功しています。

だから、衰退していく業界の中で、周りのその他大勢と同じことを弱者がやっていたら失敗します。

「なんだか皆使ってるな」という『業界の常識』は、衰退している業界の常識なんですから、ここらで一度疑って、再構築した方がいいですよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。